単一細胞ゲノムシーケンシングの世界市場の将来展望 (2028年)


タイトル 単一細胞ゲノムシーケンシングの世界市場の将来展望 (2028年)
Global Single Cell Genome Sequencing Market Outlook 2028
発行日 2020年8月31日
発行会社 Research Nester
ページ情報 ページ情報: 英文 142 Pages
商品コード 960178

資料のリクエスト






販売代理店 グローバルインフォメーション

価格 USD 4,150 PDF (Single User License)
USD 5,150 PDF (Site License)
USD 7,150 PDF (Enterprise License)

概要 当レポートでは、世界の単一細胞ゲノムシーケンス市場の将来動向について分析し、市場の基本構造や背景事情 (規制体制、主な市場促進・抑制要因、リスク要因など)、近年の技術進歩の成果、市場規模の動向見通し (過去2年間・今後9年間分)、製品別・用途別・エンドユーザー別および地域別の詳細動向、現在の市場競争状態、主要企業のプロファイル、業界関係者への提言、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

単一細胞ゲノムシーケンシング市場は、遺伝性疾患の有病率の上昇や、標的シーケンシング技術の需要増加、最近のDNAシーケンシング技術の進歩を背景に、今後も成長軌道を維持すると予想されます。世界の単一細胞ゲノムシーケンシングの市場規模は、2019年に11億3348万米ドルに達した後、2021~2028年に16.25%のCAGRで成長し、2028年までに44億578万米ドルに達すると推定されています。医療費の増加や、次世代シーケンシング (NGS) 技術の開発と相まって、研究開発 (R&D) 活動の活発化が、市場成長を牽引する主要な要因となっています。ただし、単一細胞ゲノムシーケンステクノロジーに関する厳しい政府規制が、市場の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。地域別に見ると、北米諸国が世界市場の42.31%ものシェアを占めており、その中でも検査機器市場が約15%のCAGRで成長する見通しです。




タイトル
単一細胞ゲノムシーケンシングの世界市場の将来展望 (2028年)
Global Single Cell Genome Sequencing Market Outlook 2028
レポート概要
当レポートでは、世界の単一細胞ゲノムシーケンス市場の将来動向について分析し、市場の基本構造や背景事情 (規制体制、主な市場促進・抑制要因、リスク要因など)、近年の技術進歩の成果、市場規模の動向見通し (過去2年間・今後9年間分)、製品別・用途別・エンドユーザー別および地域別の詳細動向、現在の市場競争状態、主要企業のプロファイル、業界関係者への提言、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

単一細胞ゲノムシーケンシング市場は、遺伝性疾患の有病率の上昇や、標的シーケンシング技術の需要増加、最近のDNAシーケンシング技術の進歩を背景に、今後も成長軌道を維持すると予想されます。世界の単一細胞ゲノムシーケンシングの市場規模は、2019年に11億3348万米ドルに達した後、2021~2028年に16.25%のCAGRで成長し、2028年までに44億578万米ドルに達すると推定されています。医療費の増加や、次世代シーケンシング (NGS) 技術の開発と相まって、研究開発 (R&D) 活動の活発化が、市場成長を牽引する主要な要因となっています。ただし、単一細胞ゲノムシーケンステクノロジーに関する厳しい政府規制が、市場の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。地域別に見ると、北米諸国が世界市場の42.31%ものシェアを占めており、その中でも検査機器市場が約15%のCAGRで成長する見通しです。



発行日
2020年8月31日
発行会社
Research Nester
ページ情報
ページ情報: 英文 142 Pages
商品コード
960178

レポート資料のリクエスト





市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社

関連記事

  1. 世界の培地、血清、試薬市場

  2. 腎移植拒絶反応:パイプライン製品の分析

  3. 物質使用障害(SUD):疫学洞察(2030年までの予測)

  4. アジア太平洋の医薬品市場:主要サプライヤーの評価

  5. 臨床試験用製品・サービスの世界市場:2019-2025年

  6. ヘパリンの世界市場:2020年~2024年

メルマガ無料配信中




  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 主要製薬企業21年3月期 2.4%減収で着地へ…薬価改定と新型コロナが影響

    2021.02.24

  3. 製薬大手 中国企業と相次ぎ提携…新薬開発で大型投資、デジタルサー…

    2021.02.24

  4. 国内医薬品市場 20年は2.4%減の10.4兆円…新型コロナと薬価改定響く…

    2021.02.24

  5. コロナ禍の米国で進むフォーミュラリーからの新薬除外|DRG海外レポ…

    2021.02.24

  6. ウォルマート、医療保険のメインストリームに挑む|DRG海外レポート

    2021.02.24

  7. NeuroRx社がCOVID-19治療Ph2/3の28日時点結果から今後の明るい展望…

    2021.02.24

  8. Protalix社のファブリー病薬4週に1回投与への切り替え試験で良い結…

    2021.02.24

  9. bluebird bio社の鎌状赤血球症遺伝子治療の試験を米国FDAが差し止め

    2021.02.24

  10. Day One社が独MerckのMEK阻害剤を取得~手持ちのRAF阻害剤との併用…

    2021.02.24

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16