製薬業界の最新ニュースと解説

ICUの極めて重症のCOVID-19患者の81%が血管作用腸ペプチド薬で60日超生存

E6ff8515b069415f730f4935875c5e6d 1.png

【BioToday 2020/10/14】 集中治療室(ICU)の呼吸不全合併新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者45人の大半(81%)がRelief/Neurorx社の血管作用腸ペプチド(Vasoactive Intestinal Peptide、VIP)薬RLF-100 (Aviptadil、アビプタジル) 治療の甲斐あって60日を超えて生存しました。 4段落, 306文字

市場調査・英文レポート

国内外の市場調査、英文報告書お探しですか?
専門コンサルタントが無料でご相談にのります>>>

もう海外の製薬関連ニュースサイトを毎日使う必要はありません

  • 世界の製薬業界トップニュース
  • 最新の承認・申請状況
  • 学会・発表情報
  • アライアンス・M&A情報
  • 治験の進捗と結果
  • 当局の発表・指定情報
  • 最新の研究発表

コメントを残す