製薬業界の最新ニュースと解説

杏林製薬のお蔵入りS1P調節薬の再起に取り組むPriothera社が3000万ユーロ調達

7c1e6c97b2fcbd7174b77dded5415cd4 1.png

【BioToday 2020/10/13】 2006年にNovartis(ノバルティス)が杏林製薬から手に入れたはいいがMayzent(メーゼント;siponimod、シポニモド)に遅れを取ってお蔵入りとなったS1P受容体調節薬KRP-203(mocravimod、モクラビモド)の再起に取り組むPriothera社が3000万ユーロを調達しました。 3段落, 295文字

市場調査・英文レポート

国内外の市場調査、英文報告書お探しですか?
専門コンサルタントが無料でご相談にのります>>>

もう海外の製薬関連ニュースサイトを毎日使う必要はありません

  • 世界の製薬業界トップニュース
  • 最新の承認・申請状況
  • 学会・発表情報
  • アライアンス・M&A情報
  • 治験の進捗と結果
  • 当局の発表・指定情報
  • 最新の研究発表

コメントを残す