世界の製薬業界の最新ニュースと解説

リリー、16億ドルのARMO社買収で、pegilodecakinらがん免疫療法治験薬を獲得。オンコロジーパイプラインの拡充

Picture1

リリー社は、この16億ドルのARMO社の買収で、すでの複数癌腫を対象として臨床試験が進んでいるがん免疫療法であるpegilodecakin(AM0010 , PEGylated Interleukin-10)を得ることで、同社のがん免疫療法のパイプラインの拡充を目指す。

リリー社は、ARMO BioSciencesの買収を5月10日正式に公表した。この買収は1株あたり50ドルの現金でリリー社が買い取り、総額で約16億ドルの買収規模となる。ARMO社の開発品の中でも、がん免疫療法のpegilodecakinは、膵臓がんを対象としての第三相臨床試験をはじめ、肺がん、腎臓がん、メラノーマ、その他のがん腫を対象にも開発がすでに進んでいる。

ARMO社は、pegilodecakinを始めとしてがん免疫療法の治験薬の開発を進めている。抗PD-1抗体であるAM0003、抗LAG-3チェックポイント阻害剤のAM0015、インターロイキン-12のAM0012などである。

この治験薬に関してリリーのグローバルの開発部門、そしてメディカル・アフェアーズの責任者であるLevi Garraway氏は、「われわれはpegilodecakinのユニークな作用機序は、将来において多くのがん患者の方々への治療の選択肢として医師が選択する、そのような医薬品に育てていきたい」と述べた。
この買収は今年の第二四半期の終わりまでには完了する。

Eli Lilly bolsters immuno-oncology pipeline with deal to buy ARMO BioSciences for $1.6 billion

世界の製薬業界ニュースがわかる無料メルマガ
1分でわかる製薬トップニュース」は毎日配信

世界の「製薬業界の今」が1分でわかる「無料メルマガ」!

世界の製薬業界の今を把握できるメルマガ「一分でわかる製薬トップニュース」をご活用下さい。

■ 海外トップニュースを日本語で
■ 毎日無料配信
■ 製薬業界の今が1分でわかる!