世界の製薬業界の最新ニュースと解説

米メルク、Moderna社との個別化mRNAの研究開発のライセンス契約を拡大

Picture2

米メルクとModerna社、5月3日、2016年に締結をしていた個別化mRNA癌ワクチンの研究開発に関する提携をさらに拡大すると発表した。
この契約では、米メルク社はModerna社へ1億2500万ドルを支払い、両社共同で、Moderna社のKRAS遺伝子を標的とした個別化ワクチンmRNA-5671の開発を進める。また、米メルクは、mRNA-5671の臨床開発の責任を有し、Moderna社は、同治験薬の供給とそれに伴うコストを負担する。

今後対ヒトでのPOC試験を実施した後、メルクは、mRNA-5671の開発と商業化をさらに進めるかどうかの判断をするオプションがある。その金額に関しては明らかにされていない。開発が進んだ場合、両社で開発のコストと利益を分配することになる。

Merck & Co. invests $125 million in Moderna to expand partnership in mRNA-based KRAS cancer vaccines

世界の製薬業界ニュースがわかる無料メルマガ
1分でわかる製薬トップニュース」は毎日配信

世界の「製薬業界の今」が1分でわかる「無料メルマガ」!

世界の製薬業界の今を把握できるメルマガ「一分でわかる製薬トップニュース」をご活用下さい。

■ 海外トップニュースを日本語で
■ 毎日無料配信
■ 製薬業界の今が1分でわかる!