ウォルフラム症候群のβ細胞機能がカルパイン阻害薬とイブジラストで回復しうる

【BioToday 7月18日】 多尿、糖尿病、視神経萎縮、聴覚消失を特徴とする多器官疾患・ウォルフラム症候群(Wolfram syndrome)は主にWFS1遺伝子変異によって生じます。 3段落, 291文字

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

関連記事

  1. C3糸球体症へのChemoCentryx社の補体阻害剤のPh3試験が主要目標に至らず

  2. Quidel社の新型コロナウイルス”抗原”検査を米国FDA承認~偽陰性の恐れは大きい

  3. TKI 2種類以上を経たPh+CML患者へのNovartisのSTAMP阻害剤のPh3が目標達成

  4. ヌクレオシド三リン酸成分の米国承認薬5つがCOVID-19治療として有望

  5. 線維芽細胞の蛋白質2つが調節するBMP伝達の強化で大腸癌を抑制しうる

  6. アフリカでのCOVID-19増加率は引き続き落ち着いている

メルマガ無料配信中




  1. イギリス、他4カ国が新型コロナウイルスの変異種に対するワクチンの…

    2021.03.05

  2. 進行腎癌のOpdivo+Cabometyx初治療がSutentに勝ったPh3試験論文報告

    2021.03.05

  3. terlipressinで肝硬変患者の腎機能は改善したが酷い害が多かったPh3…

    2021.03.05

  4. AmgenがFive Prime社を19億ドルで買う~Ph3に進む胃がん治療薬を取得

    2021.03.05

  5. Galapagos社のJAK阻害剤の米国FDA懸念を解くための試験が途中解析を…

    2021.03.05

  6. 2型糖尿病Ph3でLillyのGIP/GLP1受容体活性化剤がNovoのGLP1薬Ozempi…

    2021.03.05

  7. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  8. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  9. 新型コロナウイルススパイク蛋白質受容体結合領域は血液型A抗原によ…

    2021.03.04

  10. Iktos社の人工知能技術がPfizerの低分子薬設計を手伝う

    2021.03.04

  1. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  2. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  3. 開発初期段階における開発品の価値を最大化し、正しい戦略的意思決…

    2021.03.02

  4. 予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポートフォリオ:コロナ禍…

    2021.03.02

  5. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24