製薬業界の最新ニュースと解説

ノバルティス、脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療AVXS-101をもつAveXis社を87億ドルで買収

ノバルティス社、4月9日(月)、遺伝子治療で開発品AVXS-101を保有するAveXis社の買収を発表した。AveXis社のAVXS-101は脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy: SMA)治療を対象とし遺伝子治療である。ノバルティス社は、1株あたり218ドル、総額87億ドルで買収を提案、この条件は両社の取締役会で承認された。この買収は2018年の半ばには完了する予定である。

同医薬品は米国で承認申請がなされており、脊髄性筋萎縮症治療としてはじめての一回投与の治療薬となる。計画通り2018年に承認された場合、2019年に上市となる。

世界の製薬業界ニュースがわかる無料メルマガ
「1分でわかる製薬トップニュース」は毎日配信

コメントを残す