製薬業界の最新ニュースと解説

世界の糖鎖生物学市場規模調査:製品別、用途別、エンドユーザー別、地域別予測(2020年~2027年)

GII

世界の糖鎖生物学の市場規模は、2019年に約10億4千万米ドルとなりました。同市場は、予測期間の2020~2027年にわたって14.64%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。
 



タイトル 世界の糖鎖生物学市場規模調査:製品別、用途別、エンドユーザー別、地域別予測(2020年~2027年)
Global Glycobiology Market Size study, by Product, by Application, by End-user and Regional Forecasts 2020-2027
発行日 2020/9/15
発行会社 Bizwit Research & Consulting LLP
ページ情報 ページ情報: 英文
商品コード 961190

資料のリクエスト






販売代理店 グローバルインフォメーション

価格 USD 4,950 Unprintable PDF (Single User License)
USD 6,250 Printable PDF (Enterprise License)

概要 世界の糖鎖生物学の市場規模は、2019年に約10億4千万米ドルとなりました。同市場は、予測期間の2020~2027年にわたって14.64%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。

糖鎖生物学は、糖類(糖鎖またはグリカン)の形成、生合成と生物学を研究する分野です。糖鎖生物学は、生物学全体を網羅する分野であり、グリカンとしても知られる炭水化物含有分子(糖類)の構造と機能が含まれます。市場の主な推進力となるのは、プロテオミクスおよびグリコミクス研究への資金の増加、 研究開発への投資の増加、およびグリコミクス機器の技術的進歩などです。さらに、R&Dおよび製薬業界におけるバイオテクノロジーとプロテオミクスの進歩により、予測期間中に市場における需要が大きな成長機会を生み出すと予測されています。ただし、厳格な規制の枠組みと市場での高度な統合により、予測期間中に市場に大きな障壁が生じることが予想されます。

これとは別に、 世界の糖鎖生物学市場の主要なプレーヤーは、製品の発売、合併と買収、提携と協定、投資、資金調達など、競争上の優位性を得るためにさまざまな戦略を採用しています。たとえば、Agilent Technologies(米国)は、2019年6月にInfinity Lab LC / MSD iQ Systemを発売しました。2018年6月に、Thermo Fisher Scientific(米国)はUHMR Hybrid Quadrupole-Orbitrap Mass Spectrometerを導入しました。 2018年、島津製作所は、多国籍バイオインフォマティクスソリューション企業のPREMIER Biosoftと提携し、LCMS-9030 Quadrupole Time of Flight (Q-TOF)という質量分析システムを導入して、高度なグリコミクスおよびリピドミクスデータ処理を実現することを目指しています。


タイトル
世界の糖鎖生物学市場規模調査:製品別、用途別、エンドユーザー別、地域別予測(2020年~2027年)
Global Glycobiology Market Size study, by Product, by Application, by End-user and Regional Forecasts 2020-2027
レポート概要
世界の糖鎖生物学の市場規模は、2019年に約10億4千万米ドルとなりました。同市場は、予測期間の2020~2027年にわたって14.64%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。

糖鎖生物学は、糖類(糖鎖またはグリカン)の形成、生合成と生物学を研究する分野です。糖鎖生物学は、生物学全体を網羅する分野であり、グリカンとしても知られる炭水化物含有分子(糖類)の構造と機能が含まれます。市場の主な推進力となるのは、プロテオミクスおよびグリコミクス研究への資金の増加、 研究開発への投資の増加、およびグリコミクス機器の技術的進歩などです。さらに、R&Dおよび製薬業界におけるバイオテクノロジーとプロテオミクスの進歩により、予測期間中に市場における需要が大きな成長機会を生み出すと予測されています。ただし、厳格な規制の枠組みと市場での高度な統合により、予測期間中に市場に大きな障壁が生じることが予想されます。

これとは別に、 世界の糖鎖生物学市場の主要なプレーヤーは、製品の発売、合併と買収、提携と協定、投資、資金調達など、競争上の優位性を得るためにさまざまな戦略を採用しています。たとえば、Agilent Technologies(米国)は、2019年6月にInfinity Lab LC / MSD iQ Systemを発売しました。2018年6月に、Thermo Fisher Scientific(米国)はUHMR Hybrid Quadrupole-Orbitrap Mass Spectrometerを導入しました。 2018年、島津製作所は、多国籍バイオインフォマティクスソリューション企業のPREMIER Biosoftと提携し、LCMS-9030 Quadrupole Time of Flight (Q-TOF)という質量分析システムを導入して、高度なグリコミクスおよびリピドミクスデータ処理を実現することを目指しています。

発行日
2020/9/15
発行会社
Bizwit Research & Consulting LLP
ページ情報
ページ情報: 英文
商品コード
961190

レポート資料のリクエスト





市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社