製薬業界の最新ニュースと解説

インフラマソームを抑制するHIV薬と糖尿病リスク低下が関連

【BioToday 2020/9/28】 HIVやB型肝炎ウイルス(HBV)患者およそ13万人(128,861人)の15年以上のデータを解析したところ、それら感染症を治療するヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NRTI)使用と2型糖尿病の発現率33%低下が関連しました。 6段落, 780文字

もう海外の製薬関連ニュースサイトを毎日使う必要はありません

  • 世界の製薬業界トップニュース
  • 最新の承認・申請状況
  • 学会・発表情報
  • アライアンス・M&A情報
  • 治験の進捗と結果
  • 当局の発表・指定情報
  • 最新の研究発表

コメントを残す