製薬業界の最新ニュースと解説

ジカウイルス感染小頭症に神経細胞死機構が寄与~カスパーゼ1阻害剤が有望

【BioToday 2020/9/22】 妊婦のジカウイルス(ZIKV)感染でその子に小頭症が生じる仕組みはあまり分かっていませんでしたが、中国Southern Medical UniversityとSun Yat-Sen Universityのチームの研究でカスパーゼ1やガスダーミンD活性化を介したピロトーシスによる神経前駆細胞(NPC)死滅の寄与が判明し、Vertex社のカスパーゼ1阻害剤VX-765(belnacasan、ベルナカサン)の治療効果がマウス実験で確認されました。 3段落, 303文字

もう海外の製薬関連ニュースサイトを毎日使う必要はありません

  • 世界の製薬業界トップニュース
  • 最新の承認・申請状況
  • 学会・発表情報
  • アライアンス・M&A情報
  • 治験の進捗と結果
  • 当局の発表・指定情報
  • 最新の研究発表

コメントを残す