IL-2は樹状細胞を増やして抗腫瘍免疫を一層後押ししうる

【BioToday 9月21日】 インターロイキン2(IL-2)はT細胞やナチュラルキラー(NK)細胞の活性化作用に加えて樹状細胞を増やして抗腫瘍免疫を一層後押ししうると分かりました。 2段落, 141文字

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

関連記事

  1. Ph3段階に進む重症筋無力症薬を擁するMomenta社をJ&Jが65億ドルで買う

  2. Akero社が脂肪肝薬Ph2a試験の良好な肝生検結果を報告~アナリスト曰く”最良”

  3. 肺組織で新型コロナウイルス受容体ACE2は殆ど発現していない~2つの研究

  4. 筋疾患を治療する抗体付きオリゴヌクレオチド薬のDyne社がIPO調達額引き上げ

  5. アステラス製薬のAAV利用遺伝子治療の試験で2人目が死亡~FDAが試験差し止め

  6. Ca結合蛋白質ANXA11のALS変異はRNA結合蛋白質を束縛して神経を死なす

メルマガ無料配信中




  1. イギリス、他4カ国が新型コロナウイルスの変異種に対するワクチンの…

    2021.03.05

  2. 進行腎癌のOpdivo+Cabometyx初治療がSutentに勝ったPh3試験論文報告

    2021.03.05

  3. terlipressinで肝硬変患者の腎機能は改善したが酷い害が多かったPh3…

    2021.03.05

  4. AmgenがFive Prime社を19億ドルで買う~Ph3に進む胃がん治療薬を取得

    2021.03.05

  5. Galapagos社のJAK阻害剤の米国FDA懸念を解くための試験が途中解析を…

    2021.03.05

  6. 2型糖尿病Ph3でLillyのGIP/GLP1受容体活性化剤がNovoのGLP1薬Ozempi…

    2021.03.05

  7. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  8. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  9. 新型コロナウイルススパイク蛋白質受容体結合領域は血液型A抗原によ…

    2021.03.04

  10. Iktos社の人工知能技術がPfizerの低分子薬設計を手伝う

    2021.03.04

  1. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  2. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  3. 開発初期段階における開発品の価値を最大化し、正しい戦略的意思決…

    2021.03.02

  4. 予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポートフォリオ:コロナ禍…

    2021.03.02

  5. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24