製薬業界の最新ニュースと解説

てんかん疾患・CDKL5欠損症の若者の発作がMarinus社のGABA調節薬で減少/Ph3

【BioToday 2020/9/15】 てんかん疾患・CDKL5遺伝子欠損症(CDD)を患う21歳までの若者や小児へのMarinus Pharmaceuticals社のGABAA調節経口薬ganaxolone(ガナキソロン)の第3相試験(Marigold)が目標を達成しました。 3段落, 230文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す