製薬業界の最新ニュースと解説

MerckがSeattle Genetics社の2剤権利をひとまず総額17億2500万ドル払って取得

【BioToday 2020/9/15】 Merck & CoがSeattle Genetics社にひとまず16億ドルを払い、乳癌やその他固形癌を対象にした第2相試験段階の微小管破壊剤付き乳癌標的LIV-1結合抗体Ladiratuzumab vedotin(ラジラツズマブ ベドチン)を共同で開発して販売する権利を手に入れます。 2段落, 266文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す