製薬業界の最新ニュースと解説

PARK7遺伝子のパーキンソン病病因スプライシング異常を解消する2剤併用を同定

【BioToday 2020/9/14】 DJ-1を作るPARK7遺伝子のパーキンソン病病因変異がもたらす異常スプライシングをヒストン脱アセチル化酵素阻害薬・フェニル酪酸(PB)と植物サイトカイニン・キネチン誘導体RECTAS(rectifier of aberrant splicing)の併用で解消することでDJ-1を増やしてドーパミン分泌神経の損失を防ぎうることが患者起源の細胞や人工脳を使った実験で示されました。 3段落, 324文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す