製薬業界の最新ニュースと解説

MAdCAM-1標的酸化鉄マイクロ粒子造影剤を利用したMRIで腸炎症を把握

【BioToday 2020/9/14】 炎症粘膜組織で過剰発現する接着分子MAdCAM-1標的造影剤頼りの磁気共鳴映像法(MRI)でマウスの腸炎症を映し出すことができました。 3段落, 174文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す