製薬業界の最新ニュースと解説

ANGPT2の分泌を減らして活性化を防ぐ変異がリンパ浮腫を引き起こす

【BioToday 2020/9/11】 リンパ系の発達や機能の欠損のせいで組織からのリンパ液の排出が滞ることで組織が腫れて生じるリンパ浮腫がANGPT2の分泌を減らして二量体化や活性化を妨げる変異で生じることが示されました。 2段落, 149文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す