製薬業界の最新ニュースと解説

気道分泌物の吸引頻度を頼りとする方針でより早く抜管できる

【BioToday 2020/9/10】 気管切開して挿入した管をそろそろ抜けそうな患者の抜管までの期間は管に24時間蓋をして自力呼吸を確かめる方針より酸素投与を続けつつ気道分泌物の吸引頻度を頼りに決めた方が短くて済むことが示されました。 2段落, 184文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す