製薬業界の最新ニュースと解説

気になるCOVID-19ワクチンの臨床試験情報

37652 Origin 1

毎日の報道では東京都の新規感染者数がお決まりにように報道され、その人数に一喜一憂するという「ニューノーマル」な生活が定着して長いですね。

まるで毎日の天気予報を見ているような気分です。。。

新型ワクチン感染症のニュースで、気になるニュース、項目はたくさんあるものの、新規での患者数の人数は継続して発表されているし、認識しやすいので注目されやすいですね。ただ、あまりにもこの数字に一喜一憂するとコロナ疲れの一因になるのではないでしょうか?私は、時々、そう思います。

気になるのが新型コロナウイルス感染症ワクチンの臨床試験の状況です。私も大きく気になります。
そのような中で今日のBioTodayでは以下のニュースが発表されている。

AstraZenecaのCOVID-19ワクチン試験中断を招いた病気は横断性脊髄炎らしい

横断性脊髄炎という聞き慣れない病気ですが、最も臨床試験段階が進んでいるワクチンの一つであるAZD1222の第3相試験が現在中断されている。
ワクチンは健常者に投与する予防のためのものなので安全性は効果同様に最も重要な達成項目です。

現在、発症した疾患とAZD1222の投与との関連性を第三者機関がチェックしているとのこと。関連性を明らかにすることも大事ですが、時間と効果が気になります。

因みに関連性が明らかになれば、現在作成中のワクチンは全部廃棄だそうです。。。

ワクチンの状況にも一喜一憂する、そのような状況ですが、日本も含め世界では数多くのワクチンが現在開発されています。日本ではアンジェスがすでに開始をしておりますし、KMバイオロジクス社、塩野義製薬、第一三共、IDファーマが開発中です。

ワクチンはおそらく一個だけあればよいというわけではなく安全で効果の高い複数のワクチンが必要だと思うので、はやくそのようなワクチンが承認されることに注目をしていきたいです。

最後に、AnswersNewsで、現在のワクチンの開発状況をわかりやすくまとめていますので、ご紹介します。私も読んでます。
【図解】新型コロナウイルス 熾烈な「ワクチン争奪戦」

インサイト4では、世界のニュース、調査レポート、市場予測調査のサービスも提供しています。海外に関する情報に関してのご相談はこちらから

製薬業界の情報、調査に関してのお問い合わせはこちら

インサイト4 Pharma編集部