製薬業界の最新ニュースと解説

薬剤誘発肝障害の生じやすさを遺伝子検査結果に基づいて予測する方法を開発

【BioToday 2020/9/8】 これまでの数多の全ゲノム関連解析(GWAS)データをまとめて解析し、培養細胞や人工肝臓などで検証し、処方しようとしている薬で肝障害がどれだけ生じやすいかを個々の患者の遺伝情報に基づいて判定する評価値(polygenic risk score;PRS)算出法が開発されました。 2段落, 219文字

もう海外の製薬関連ニュースサイトを毎日使う必要はありません

  • 世界の製薬業界トップニュース
  • 最新の承認・申請状況
  • 学会・発表情報
  • アライアンス・M&A情報
  • 治験の進捗と結果
  • 当局の発表・指定情報
  • 最新の研究発表

コメントを残す