製薬業界の最新ニュースと解説

【EVERSANA社主催デジタルシンポジウム】APAC地域の製薬企業はどのようにデジタルテクノロジーを活用するか?

EH APAC Webinar 073120 Topics Japanese

エバサナは、バイオテック、製薬企業の方々のグローバル市場への進出のコンサルティングを提供。不確実性が高い海外市場においてリスクとコストを最小限に抑え、利益とバリューを最大限にする戦略コンサルティングファームです。臨床試験の申請、当局との交渉、パートナー探し、販売・プロモーションまで一括して海外進出をサポートします。

エバーサナ合同会社(東京)ならびにEVERSANA APAC(シンガポール)が主催のオンライン会議によるデジタルシンポジウムが8月14日(金)に開催されます。このシンポジウムでは、製薬業界における「デジタルヘルス」をテーマにし、業界内からの専門家、当事者を招き様々な角度から現在と今後、そして日本を含むアジア・パシフィック地域におけるでデジタルヘルスの展望に議論を致します。

デジタルは既にあらゆる分野で普及しています。APAC地域のヘルスケア企業は、生産性、創造性、アクセス、モニタリング、発信の源であるデジタルテクノロジーをビジネスに統合し、新しいアプローチを考案し、実験し始めています。そして若き起業家達は、破壊的なデジタル・イノベーションでライフサイエンス業界をターゲットにしています。

弊社デジタルヘルス部門のエキスパートであるエド・コックス(EVERSANAエグゼクティブ・バイス・プレジデント、戦略的アライアンス担当兼デジタル・メディスングローバルヘッド)がAPAC・欧米のライフサイエンス業界の第一線で大活躍しているゲストを招き、大変興味深いテーマでディスカッションを繰り広げます。この機会に是非参加ください。どうぞお見逃しなく!

APAC地域の製薬企業はどのようにデジタルテクノロジーを活用するか?

日時 ;2020年8月14日正午開始
講演者;講演者のリンクはこちら
参加料:無料
登録: 登録は右記のフォームからどうぞ

本シンポジウムにおける主なテーマ

  • APACにおけるデジタル戦略の課題と意義とは?
  • アジアと欧米におけるデジタルの活用方法の違いと類似点とは?
  • APACにおける製薬企業への示唆と取り組み

ご登録はこちらから

なお、本シンポジウムは新型コロナ感染症に配慮し、全てオンラインにて実施致します。講演者によるプレゼンテーションはすべて英語で提供され、予め録画されているセッションもございます。なお、参加お申込みの方には後日シンポジウムの録画ファイルへのリンクをお届けいたします。

本シンポジウムへのお問い合わせはapacmarketing@eversana.comまでお気軽にお問い合わせください。

主催会社

EVERSANA合同会社
東京都港区虎ノ門4-3-20 神谷町MTビル14F
マーケティング担当:070-3193-8936
Email: apacmarketing@eversana.com

EVERSANA社発行の最新記事