製薬業界の最新ニュースと解説

中和抗体を回避しうる新型コロナウイルススパイク蛋白質変異が観察された

【BioToday 2020/7/29】 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)スパイク(S)蛋白質を備えるように誂えた水疱性口内炎ウイルスを中和抗体と一緒にしたところ、中和抗体による認識を回避する変異がS蛋白質に生じました。 3段落, 205文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す