製薬業界の最新ニュースと解説

新たな技術による新規ワクチンが及ぼすワクチン市場への影響は?mRNAワクチンが第三相臨床試験へ。

Development Issues CORONAVIRUS ANTIBODIES VACCINES Eye

Insights4 Pharmaは、「海外の製薬業界トップニュースの解説」をコンセプトに、全世界で話題と注目の製薬業界ニュースをピックアップ、提供します。

Insights4では、海外で発行されるレポートやサービスをご紹介しています。今回ご紹介する情報は英国のワクチンに特化した調査会社Vaczine Analytics社のレポートです。同社では、未だにワクチンが承認されていない、つまりワクチンが存在しない疾患も含めて67の疾患を常にウォッチし、これらの分析情報はMarketVIEWシリーズとして疾患ごとに発行されています。今回の新シリーズMasterVIEWでは、国ごとに対象疾患を横断的に評価する分析レポートです。

第一弾として、米国を対象としたレポートが8月に発行となります。同社では新型コロナウイルス感染症に対するワクチンの承認状況が今後新規ワクチンの動向と機会に大きな変化を及ぼすと見ています。

20年間でFDA承認の「新規ワクチン」はわずかに7品目

ワクチンが存在しない疾患に対しての「新規のワクチン」の開発は、非常に難しいことは、過去20年間の間にFDAから承認された「新規のワクチン」はわずかに7種類だけです。

最近では、エボラ出血熱、デングウイルス病、髄膜炎球菌病などを対象として新規のワクチンが承認されています。

成功率の低さも継続して高いワクチンへの投資と高まる関心

この成功率の低さは、新しいワクチンへの研究開発が少なくなっていることを反映しているわけではありません。VacZine Analytics社の調査によると、2014年以降に開始された約1000件の臨床試験のうち、約40%が新規ワクチンに焦点を当てたものです。つまり、新たなワクチンに関しての投資は未だに高いと言えます。

さらに、2020年初頭に出現した新型コロナウイルス感染症の世界的なパンデミックにより重要性が大きく高まっています。今回のパンデミックは、健康被害を軽減するためのツールとして、感染予防としてのワクチン接種の高い重要性を断言しています。新しい感染症によってもたらされる経済的な影響も非常に高く、ワクチンへの期待と関心が高い要因とも言えます。

有望視される画期的な新たな技術とその影響は?

新型コロナウイルス感染症のワクチンとして、画期的なmRNAベースの技術を活用したモルデナ社のmRNA-1273、ファイザー/BioNTech社の
とBNT162b1が有望視されており、第3相試験を開始しています。(2020年7月30日現在)

プロジェクト開始からCOVID-19ワクチンのFDA承認までの予測されるタイムラインは、前例がなく、かつ業界アナリストの間で多くの議論を巻き起こしています。

VacZine Analytics社は、特にmRNA技術をベースとした新しいCOVID-19ワクチンが、後期段階における臨床試験で有益な結果を出した場合、現在開発中の新規ワクチンの大規模な「淘汰」を予測しています。

より古い、伝統的なワクチン技術をベースにした既存の製品フランチャイズで展開している企業は、今後の競争の中で十分に競争優位を維持するために新製品の選択と優先順位を決めることが必要となることでしょう。

新しい技術をベースに優位性を獲得した企業が売上とシェアを伸ばす時代になり、その他のワクチン開発企業は、自社のワクチン評価、病原体や疾病の選択はこれまで以上に重要になってくるでしょう。

国ごとにワクチン市場を横断的に俯瞰するMasterVIEWシリーズ

VacZine Analytics社のMasterVIEWは、2020年に発売を開始する同社の新しいレポートコンセプトであり、詳細なワクチン技術に対するニーズの高まりに対応することを目的としています。MasterVIEWシリーズでは、複数の新規ワクチンの機会の比較ビューまたは商業的魅力度評価も提供しており、研究開発戦略の立案や、M&Aの検討、研究開発戦略の策定の際にも活用できるよう設計をしています。

MasterVIEWでは、65以上のグローバルな新規ワクチン製品の分析、将来予測を行っておりますが、今回第一弾としての米国版が8月に発行となります。

本レポートに関しての資料請求は以下からリクエスト頂けます。

参照の英文報告書

タイトル:【英文報告書】MasterVIEW: 2035年までの新規ワクチンの商業的機会分析と予測【米国】
Title:MasterVIEW: New vaccines forecast USA

  • 発行月:2020年8月予定
  • 発行会社:VacZine Analytics社
  • リージョナルライセンス  16,990米ドル

本レポートの資料請求はこちらから>>>

資料のリクエストはこちらから