製薬業界の最新ニュースと解説

Boehringer IngelheimがNumab社の技術を頼りに多重特異性抗体の開発に取り組む

【BioToday 2020/7/9】 治療困難な肺/胃腸癌や加齢黄斑変性症(AMD)患者に生じる治療の手立てがない病変・地図状萎縮を治療する多重特異性抗体の開発にBoehringer Ingelheim社がNumab Therapeutics社の創薬技術を頼りに取り組みます。 2段落, 208文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す