製薬業界の最新ニュースと解説

武田薬品工業社、アイルランドのシャイアー社の買収提案を検討 ほか

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年3月28日】

【速報】武田薬品工業社、シャイアー社の買収提案を検討

武田薬品工業社、アイルランドのシャイアー社の買収提案を検討していることを明らかにした。このことから同日のシャイア社の株価は26%も上昇した。
武田社は、シャイアー社の取締役会へのアプローチはまた行われておらず、この提案は「予備的かつ探索的」段階にあると指摘した。同社は、シャイアー社の買収で、オンコロジー、消化器および神経科の同社のコア領域の強化をすることが出来ると述べた。

英国の買収規制の下で、4月25日までにシャイアー社の買収に関して、提案を継続するか否かのいずれかを発表する必要がある。

血友病Aの治療薬ヘムライブラで死亡例をロシュ社報告

ロシュ社、血友病Aの治療薬ヘムライブラを受けた患者で5人の死亡例を報告、2018年には、2人が死亡していることを発表した。同社は状況に関する「情報が限られている」中で、これらの死亡はすべてヘムライブラの影響であるとは言えないとしている。

東京地方裁判所、バクスアルタ社の血友病Aの治療薬ヘムライブラに関する特許関連の訴えを棄却

日本の裁判所は、シャイアー社のバクスアルタ社が保有する特許を中外社のヘムライブラが侵害しているとの訴えに対して中外社有利とする判断をした。

東京地方裁判所は、この請求を全面的に棄却、すべての裁判費用がバクスアルタ社によって負担されることを命じた。

セルジーン、再発性/難治性の多発性骨髄腫患者対象のCAR-T細胞療法bb2121に関してblue bio社と共同開発契約締結

セルジーン社、blue bio社の再発性/難治性の多発性骨髄腫患者を対象とたCAR-T細胞療法bb2121に関して共同開発契約を締結した。

両社は、以前からオンコロジー領域での新治療薬の発見と開発、販売において2013年に共同研究のアライアンス契約を締結しており、その中にはbb2121も含まれていた。

世界の「製薬業界の今」が1分でわかる「無料メルマガ」!

世界の製薬業界の今を把握できるメルマガ「一分でわかる製薬トップニュース」をご活用下さい。

■ 海外トップニュースを日本語で
■ 毎日無料配信
■ 製薬業界の今が1分でわかる!