Adcetris、進行性のホジキンリンパ腫を有する未治療の成人を対象に適応拡大 ほか

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年3月21日】

ジョンソン・アンド・ジョンソンのCFOドミニク・カルソ氏、9月に退任

ジョンソン・アンド・ジョンソンのCFOドミニク・カルソ氏、9月に退任すると発表。同氏は、2007年からこの職に就いています。

ヤンセンファーマのジョゼフ・ウォルク氏(現在投資家とのリレーションを担当)が、7月1日より、CFOのポジションに就くのではと見られています。

Adcetris、進行性のホジキンリンパ腫を有する未治療の成人を対象に適応拡大

FDAは、Seattle GeneticsのAdcetrisを、進行したホジキンリンパ腫を有する未治療の成人を対象とした化学療法との併用を含むようにの適応拡大の承認をした。

同社は、このレジメンは、40年以上ぶりのの第3ステージまたは第4ステージの古典的ホジキンリンパ腫に対する承認であると述べた。

グラクソスミスクライン社、20%の予算カット

グラクソスミスクラインの医薬品部門の責任者であるLuke Miels氏は、パフォーマンスを向上させるために、予算を20%削減することをマネージャーに指示したと伝えられている。

Miels氏は、「研究開発部門は、最も生産性が高く、患者にとって最も価値の高い資産を追加するよう努力している。営業部門でも同じレベルのパフォーマンスを達成する必要がある」としている。

FDA、尋常性乾癬を対象のIlumyaを承認

FDAは、中等度から重度の尋常性乾癬の成人に対する治療について、全身療法または光線療法の候補者であるSun Pharma社のIL-23のp19サブユニットに選択的に結合するIlumyaを承認した。Sun Pharma社は、2014年にMerck&Co.からIlumyaの開発と販売の権利を引き継いでいた。

関連記事

  1. COVID-19の味覚消失は味蕾へのウイルス直接感染が原因ではなさそう

  2. Roche社、非ホジキンリンパ腫対象でPolivyの迅速承認をFDAから得る

  3. COVID-19流行は1年半~2年ほど続く~米大学の感染症研究センターCIDRAP予想

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13