製薬業界の最新ニュースと解説

ルキソリチニブが一部の移植片対宿主病患者に有用

海外がん医療情報リファレンスは、有志の翻訳者、監修者の協力のもと、日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT)が運営をしています。
がんに関わるすべての人に、海外の最新がん情報を翻訳してお届けしております。

【海外がん医療情報リファレンス 2020/06/18】 造血幹細胞移植を受けて数カ月以内に移植片対宿主病(GVHD)を発症し、ステロイドに反応しなかった血液のがんを有する患者は、他の治療法よりもルキソリチニブ(ジャカビ)に反応する可能性が高いことが、大規模臨床試験の結果により明らかになった。

この知見は、GVHDの治療に関する試験で初めて良い結果が得られたランダム化比較試験のものである。本試験は、2019年に一部のGVHD患者を対象として、米国食品医薬品局(FDA)によるルキソリチニブの承認につながった小規模な試験の知見を裏付けている。

両試験とも、ステロイド抵抗性の急性GVHDと呼ばれる疾患を持つ患者を対象にルキソリチニブを検討した。これらの患者は、同種造血幹細胞移植としても知られる健康なドナーからの造血幹細胞移植の後、最初の数週間から数カ月の間にGVHDを発症し、ステロイドに反応しない。

出典: ルキソリチニブが一部の移植片対宿主病患者に有用
発行元:海外がん医療情報リファレンス (一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT・ジャムティ)
発行日: 2020/06/18

この記事は、日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT)が翻訳、発行した記事を承諾を得て掲載しております。[免責事項]JAMT社運営のサイト「海外がん医療情報リファレンス」は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

コメントを残す