Lundbeck社、Prexton therapeuticsを買収。パーキンソン病治療薬Foligluraxを得る ほか

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年3月16日】

Lundbeck社、Prexton therapeuticsを買収。パーキンソン病治療薬Foligluraxを得る

Lundbeck社、Prexton therapeuticsを潜在的に9億ユーロで買収すると発表。この買収により、同社は、開発中のパーキンソン病治療薬Foligluraxを得ることになる。この買収には、1億ユーロの前払金が含まれ、Prexton社は開発および販売で最高8億5000万ユーロのマイルストーンを受領する権利を有する。

mGluR4を刺激するFoliglurazは、現在、パーキンソン病およびジスキネジーのオフタイム時の対症療法について第2相試験中である。
Lundbeck社の暫定CEO、Anders Gotzsche氏は、Prexton therapeutics社の開発品を評価して、「患者、医師、支払い者にとって非常に興味深く、とてもエキサイティングなファーストインクラスの化合物」だと述べた。

慢性炎症性脱髄性多発神経炎治療対象のHizentra、欧米で承認

米国と欧州のの規制当局は、慢性炎症性脱髄性多発神経炎の維持療法として、CSL社のHizentraを共に承認をした。
同社は、この製品は、自己免疫疾患のために承認された唯一の皮下免疫グロブリンであると述べた。

グラクソスミスクライン社、英国のEU離脱のコスト算出

グラクソスミスクライン社は、英国のEU離脱に関連して、今後2〜3年間で7,000万ポンドのコストがかかると見積もっている。
同社は、EU離脱に伴う潜在的な貿易および規制上のハードルは、更に、年間あたり5000万ポンドの費用がかかると予測している。

関連記事

  1. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年11月6日)

  2. 大日本住友製薬、米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウム2017 でがん幹細胞性阻害剤ナパブカシンに関するデータを発表しました。

  3. ギリアド社MMP9抗体GS-5754潰瘍性大腸炎治療薬の第2/3相試験中止

  4. Gilead社のbictegravir合剤のHIV治療薬の第3相試験で主要評価項目達成。その影響は?

  5. バリアント社 武田薬品社へのサリックス社売却交渉が決裂

  6. J&J社/バイエル社の「イグザレルト」 静脈血栓塞栓症患者の血栓発生抑制効果がアスピリンより上

メルマガ無料配信中




  1. 共有結合BTK阻害剤を経たB細胞癌患者にLillyのBTK可逆的阻害剤pirto…

    2021.03.08

  2. MerckのCOVID-19経口薬の有望なPh2a報告~5日目で感染可能ウイルス…

    2021.03.08

  3. COVID-19が疑われる高齢患者への抗生剤アジスロマイシン無効/PRINCI…

    2021.03.08

  4. Provention Bio社の抗CD3抗体で1型糖尿病診断を3年遅らせれたPh2結…

    2021.03.07

  5. MLK4によるIL-17RBリン酸化が癌化を後押し~その阻害剤がマウス膵癌…

    2021.03.07

  6. 躁うつ病患者の脳細胞アストロサイトは神経を不活発にするIL-6をよ…

    2021.03.07

  7. 新型コロナウイルス感染やワクチンで備わったT細胞は心配な変異株も…

    2021.03.07

  8. 全身性強皮症患者の間質性肺疾患へのRocheのActemra使用を米国FDAが…

    2021.03.06

  9. インフルエンザどれもこれも中和する抗体が首なしHAワクチンでサル…

    2021.03.06

  10. 軽症のCOVID-19患者にイベルメクチン無効~有害事象で7.5%が服用中断

    2021.03.06

  1. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  2. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  3. 開発初期段階における開発品の価値を最大化し、正しい戦略的意思決…

    2021.03.02

  4. 予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポートフォリオ:コロナ禍…

    2021.03.02

  5. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24