製薬業界の最新ニュースと解説

【英文報告書】メディカルサイエンスリエゾン(MSL):コミュニケーション・チャンネルサーベイ2020

タイトル
【英文報告書】メディカルサイエンスリエゾン(MSL):コミュニケーション・チャンネルサーベイ2020
The MSL Technology Survey (2020)
レポート概要
2020年初頭の新型コロナウイルスの影響は、製薬企業のメディカルアフェアーズ部門にとっての従来の業務慣行を根本的に変える必要性を迫っています。

製薬企業のメディカルアフェアーズ部門にとって、KOLと科学的情報を共有し、フィードバックを得る場合、対面での面談が最も好ましい手段ですが、Covid-19のパンデミックの間、それは選択肢ではありません。したがって、新しい考え方が必要です。
KOLと物理的な距離を維持する必要があり、情報交換の手段に用いる直接の面談機会を今までのように取れません。

本レポートでは、欧米におけるメディカルサイエンスリエゾン(MSL)がKOLとのコミュニケーションをどのようにしているの欧米の医師約100名に定量調査を実施しています。

新型コロナウイルスのパンデミックはKOLとの情報の交換に関して新しい業務慣行の採用とデジタルツールの活用を促進すると思われます。MSL活動が新たなテクノロジーを活用して、どのように業務自体を発達させていくのか貴重な洞察を本レポートでは提供しています。

質問


■ MSLはオピニオンリーダーとのコミュニケーションにどのチャンネルを活用しているのか?
■ MSLの活動で支持されているコミュニケーションツールとは、Eメール、SMS、オンラインビデオ、ライブチャット?
■ MSLはデジタルオピニオンリーダーの特定にどのくらいの時間を費やしているのか?
■ MSLはオピニオンリーダーとのコミュニケーションにどのチャンネルを活用しているのか?
■ MSLがKOLに対して、デジタルテクノロジーを活用してどの程度の科学的情報を提供できるのか?それは米国と欧州では異なるのか?
■ KOLのマッピングシステムやソーシャルメディアは、MSLに対してどのような影響や変化を及ぼすのか?
■ MSLが得られたKOLからの洞察とフィードバックの収集と記録において、テクノロジーはどのような役割を果たしますか?
■ もし国際会議や展示会がバーチャルで実施される事になった場合、MSLはいかにしてKOLとエンゲージを図れば良いのか?またそれによる新たな機会は?
■ 今後5年間において、アドバイザリーボードがバーチャル化されることを想定するとMSLの割合はどう変化するのか?

調査概要


調査時期:2020年2月19日〜3月2日
インタビューの方法論: 15分間ほどのインターネットを活用したアンケート調査
スクリーニング基準: 製薬企業のMSLまたはMSLマネージャーであることが確認された回答者
サンプル数: 合計96名のMSLまたはMSLマネージャー(米国で48名、欧州で48名)
発行日
2020年4月
発行会社
FirstWord
ページ情報
英文
商品コード
s_596201382

レポートサンプル資料のリクエスト

販売代理店
SDMJコンサルティング合同会社
価格
Single User License
USD 2,095
Multi User License
USD 5,375

タイトル 【英文報告書】メディカルサイエンスリエゾン(MSL):コミュニケーション・チャンネルサーベイ2020
The MSL Technology Survey (2020)
発行日 2020年4月
発行会社 FirstWord
ページ情報 英文
商品コード s_596201382
販売代理店 SDMJコンサルティング合同会社
価格 Single User License USD 2,095
Multi User License USD 5,375
 
ご購入 本レポートのご購入はこちらから>>>

レポートサンプル資料のリクエスト

概要 2020年初頭の新型コロナウイルスの影響は、製薬企業のメディカルアフェアーズ部門にとっての従来の業務慣行を根本的に変える必要性を迫っています。

製薬企業のメディカルアフェアーズ部門にとって、KOLと科学的情報を共有し、フィードバックを得る場合、対面での面談が最も好ましい手段ですが、Covid-19のパンデミックの間、それは選択肢ではありません。したがって、新しい考え方が必要です。
KOLと物理的な距離を維持する必要があり、情報交換の手段に用いる直接の面談機会を今までのように取れません。

本レポートでは、欧米におけるメディカルサイエンスリエゾン(MSL)がKOLとのコミュニケーションをどのようにしているの欧米の医師約100名に定量調査を実施しています。

新型コロナウイルスのパンデミックはKOLとの情報の交換に関して新しい業務慣行の採用とデジタルツールの活用を促進すると思われます。MSL活動が新たなテクノロジーを活用して、どのように業務自体を発達させていくのか貴重な洞察を本レポートでは提供しています。

質問


■ MSLはオピニオンリーダーとのコミュニケーションにどのチャンネルを活用しているのか?
■ MSLの活動で支持されているコミュニケーションツールとは、Eメール、SMS、オンラインビデオ、ライブチャット?
■ MSLはデジタルオピニオンリーダーの特定にどのくらいの時間を費やしているのか?
■ MSLはオピニオンリーダーとのコミュニケーションにどのチャンネルを活用しているのか?
■ MSLがKOLに対して、デジタルテクノロジーを活用してどの程度の科学的情報を提供できるのか?それは米国と欧州では異なるのか?
■ KOLのマッピングシステムやソーシャルメディアは、MSLに対してどのような影響や変化を及ぼすのか?
■ MSLが得られたKOLからの洞察とフィードバックの収集と記録において、テクノロジーはどのような役割を果たしますか?
■ もし国際会議や展示会がバーチャルで実施される事になった場合、MSLはいかにしてKOLとエンゲージを図れば良いのか?またそれによる新たな機会は?
■ 今後5年間において、アドバイザリーボードがバーチャル化されることを想定するとMSLの割合はどう変化するのか?

調査概要


調査時期:2020年2月19日〜3月2日
インタビューの方法論: 15分間ほどのインターネットを活用したアンケート調査
スクリーニング基準: 製薬企業のMSLまたはMSLマネージャーであることが確認された回答者
サンプル数: 合計96名のMSLまたはMSLマネージャー(米国で48名、欧州で48名)

市場調査レポートをおさがしですか?
経験豊かなInsights4の情報コンサルタントがご相談に乗ります。
>>>お問い合わせはこちら

コメントを残す