発作性夜間血球増加症(PNH)対象のALXN1210が、Solirisに対し非劣性を示す臨床結果を発表 ほか

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年3月15日】

発作性夜間血球増加症(PNH)対象のALXN1210が、Solirisに対し非劣性を示す臨床結果を発表

Alexion PharmaceuticalのALXN1210が、発作性夜間血球増加症(PNH)を有する補体阻害剤治療未経験患者の研究において、Solirisに対して非劣性を示したと発表した。

R&Dの責任者 John Orloff氏、「この結果は、PNH患者の新しい標準治療薬としてALXN1210を確立するという我々の野望を強化する」と語った。治験患者には、ALXN1210の単回投与量、その後8週間ごとの維持投与量、またはSolirisを毎週投与量投与し、その後2週間ごとに維持投与した。

Alexion社は、長期作用型のC5阻害薬ALXN1210の新薬としての申請を、今年下半期に米国、EU、および日本で計画されていることも併せて述べた。

FDA、筋ジストロフィー治療のSGT-001の臨床試験の一時的な中断を指示

FDA、デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療を対象としたSolid Biosciences社のミクロジストロフィン遺伝子治療SGT-001のPhaseI/II臨床試験の一時的な中断を指示した。SGT-001を投与された最初の患者が、血小板数の減少を含む検査のために投与数日後に入院したことを留意した。

Novartis社、ソフトウエア会社のようにハイテク技術を活用を宣言

Novartis社の最高経営責任者Vas Narasimhanは、モバイルアプリ、VRなどを始めとする新たなハイテク技術を更に活用し、新しい治療法の開発をスピードアップするとのべた。

同社の役員であるBadhri Srinivasan氏は、「弊社のCEOは、【ソフトウェア企業のように】行動することを望んでおり、我々は【必死に変化を追求していかなければならない】業界にいるのだ」と付け加えた。

関連記事

  1. 製薬企業におけるコンテンツマーケティングの考え方

  2. 【スタジオ出演1】村井知事に聞く!宮城県内コロナ現状…“緊急事態宣言”から2週間

  3. トランプ大統領が提案した「国際薬価指標による薬価引き下げ」はどうなった?|DRG海外レポート

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13