製薬業界の最新ニュースと解説

麻酔薬は細胞膜の脂質ラフトからPLD2を離して活性化して意識消失をもたらす

【BioToday 2020/5/31】 クロロホルム・イソフルラン・ジエチルエーテル・キセノン・プロポフォール等の全身麻酔薬が細胞膜の脂質の一纏まり・脂質ラフトの一つGM1ラフトからホスホリパーゼD2(PLD2)を離して活性化すると分かり、PLD2活性化に続いてカリウムイオンチャネル・TREK-1が活性化して神経の発火が絶えて意識消失に至ると示唆されました。 2段落, 202文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す