製薬業界の最新ニュースと解説

ASCO’20 GileadのCAR-T・イエスカルタが再発/治療抵抗性iNHL患者93%に奏効

Shutterstock 484483240 326×210

【BioToday 2020/5/30】 第2相試験ZUMA-5の結果、少なくとも2回の治療を経ている増殖がゆっくりな(indolent)非ホジキンリンパ腫(iNHL)患者96人の93%にGilead社のCD19標的キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)Yescarta(イエスカルタ;axicabtagene ciloleucel)が奏効し、8割は完全寛解に至りました。 2段落, 210文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す