製薬業界の最新ニュースと解説

潰瘍性大腸炎にGilead/GalapagosのJAK1阻害剤filgotinib高用量が有効/Ph2b/3試験

【BioToday 2020/05/21】 中等~重度活動性潰瘍性大腸炎(UC)患者への2G連合・Gilead/Galapagos社のJAK1阻害剤filgotinib(フィルゴチニブ)のPh2b/3試験(SELECTION)の結果、その高用量(200 mg)投与の10週時点での寛解率と58週時点での寛解維持がプラセボを有意に上回りました。
5段落, 419文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す