製薬業界の最新ニュースと解説

Mammoth社のCRISPR技術利用使い捨てCOVID-19即座診断をGSKが共同開発

【BioToday 2020/05/21】 CRISPRゲノム編集技術の先駆者Jennifer Doudna(ジェニファー ダウドナ)氏等によって設立された診断開発企業Mammoth Biosciences社とGlaxoSmithKline(GSK)が手を組み、前者のCRISPR-Cas12利用COVID-19検出技術をどこにでも持って行けて簡単に使えて20分以内に結果を示す使い捨ての即座診断製品に仕立てて今年中に米国FDAに承認申請することを目指します。
3段落, 373文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す