製薬業界の最新ニュースと解説

Oscine社が開発している前駆グリア細胞の移植でマウスの多発性硬化症が改善

【BioToday 2020/05/21】 進行性の多発性硬化症(MS)を模すマウスにOscine Therapeutics社が開発している前駆グリア細胞を移植したところ脳内の必要とされる場所に移動し、オリゴデンドロサイトを生み出し、失われたミエリンを補充し、マウスの運動機能を改善しました。
2段落, 200文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す