製薬業界の最新ニュースと解説

cGASによるIRF3活性化がギャップ結合Cx32で広まって酒飲みの肝臓がより傷む

【BioToday 2020/05/21】 飲酒で肝臓を傷めている人が世界に1億5000万人以上おり、米国の肝硬変関連疾患のおよそ半数はもとを正すとそれが原因であり、肝臓移植の二番目に多い原因となっています。
2段落, 200文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す