製薬業界の最新ニュースと解説

患者毎に作る抗原提示細胞による癌治療を開発しているSQZ社が6500万ドル調達

【BioToday 2020/05/20】 個々の患者毎に作る抗原提示細胞(APC)による癌治療を開発しているSQZ Biotechnologies社がヒトパピローマウイルス(HPV)陽性癌を治療するAPC製品SQZ-PBMC-HPV等の開発資金6500万ドルを調達しました。
2段落, 192文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す