製薬業界の最新ニュースと解説

COVID-19流行で急性心筋梗塞入院が減少

【BioToday 2020/05/20】 カリフォルニア州北部の440万人超を診ている医療網・Kaiser Permanente Northern Californiaでの1週間あたりの急性心筋梗塞(AMI)入院率が新型コロナウイルス感染(COVID-19)流行中に48%も低下しました。
3段落, 181文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す