製薬業界の最新ニュースと解説

DOAC使用患者はワーファリンに比べてやはり骨折し難い~香港での試験

【BioToday 2020/5/20】 心房細動(AFib)と分かって凝固因子直撃経口抗凝固薬(DOAC;apixaban、dabigatran、Rivaroxaban)かビタミンK遮断薬ワーファリンを使い始めた香港の成人2万人超(23,515人)を15か月ほど追跡調査したところ、前者DOAC使用群の骨折率は後者ワーファリン使用群を有意に下回りました。
3段落, 272文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す