製薬業界の最新ニュースと解説

タウ凝集を減らすOGA阻害剤の試験に適したPET造影剤をLilly/NIHチームが開発

【BioToday 2020/05/18】 折り目正しくない不溶性タウが増えてはびこるのを防ぐことがアルツハイマー病やその他のタウ蓄積症治療の王道となりうるとかなり期待されており、O-GlcNAcヒドロラーゼ(OGA)を阻害してタウのO-GlcNアシル化を促せばタウが凝集して不溶性の過剰リン酸化型になるのを減らせると考えられています。
3段落, 328文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す