製薬業界の最新ニュースと解説

核内受容体PXR/AKR1B7経路活性化で急性腎障害を治療しうる

【BioToday 2020/05/18】 核内受容体PXRはAKR1B7と協力してミトコンドリア機能を改善して急性腎障害(AKI)を緩和することがラット実験などで示されました。
2段落, 110文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す