製薬業界の最新ニュースと解説

[定点観測]主要製薬企業 国内新薬開発パイプライン(2020年5月版)

Pipeline Watch Eye

AnswersNewsは、「製薬業界で話題のニュースがよくわかる」をコンセプトに、製薬業界に関するさまざまなニュースをわかりやすく解説するニュースメディアです。

主要製薬企業の国内の新薬開発パイプラインを、2020年5月1日時点で各社が公表している情報をもとに企業別・疾患領域別にまとめました。

INDEX

  1. P3~申請のパイプラインが10を超えるのは17社
  2. 内資系企業27社の国内新薬開発パイプライン
  3. 外資系企業18社の国内新薬開発パイプライン

P3~申請のパイプラインが10を超えるのは17社

集計対象としたのは、内資系企業27社、外資系企業18社。2020年5月1日時点で各社がホームページなどで公表しているパイプラインを疾患領域別にまとめました。

疾患領域は、▽がん▽呼吸器▽循環器・代謝・腎▽消化器▽皮膚▽骨・関節▽その他免疫・炎症▽中枢神経・筋▽眼▽疼痛▽血液▽感染症・ワクチン▽その他――の13に分類。新医療用配合剤は新規有効成分としてカウントし、後発医薬品やバイオシミラーは除外しました。

集計対象とした45社のうち、臨床第3相(P3)試験から申請にかけてのパイプラインが10(新規有効成分と適応拡大の合計)を超える企業は、内資系6社・外資系11社の計17社。武田薬品工業やアステラス製薬といった国内大手のほか、ファイザーやノバルティスなど海外の大手が並びます。

【疾患領域別の国内開発パイプライン(P3~申請)の一覧】 武田薬品工業 |アステラス製薬 |大塚HD |第一三共 |エーザイ |小野薬品工業 |中外製薬 |ファイザー |ノバルティス |MSD |ヤンセン |サノフィ |アッヴィ |日本イーライリリー |ブリストル |アストラゼネカ |バイエル薬品 |※各社の発表資料、製薬協のパイプライン情報をもとに作成

「がん」や「免疫」が目立つ

疾患別に見てみると、パイプラインが最も豊富なのはがん領域。小野薬品工業やMSD、アストラゼネカなど、幅広いがん種への効果が期待されるがん免疫療法を開発中の企業でパイプラインの多さが目立ちます。

対象疾患の幅広さという点では、免疫系の疾患もパイプラインが豊富。アッヴィは抗TNFα抗体「ヒュミラ」やJAK阻害薬「リンヴォック」、抗IL-23抗体「スキリージ」の適応拡大で開発数が多くなっています。武田は抗α4β7インテグリン抗体「エンタイビオ」の適応拡大や短腸症候群治療薬teduglutideなどで注力領域である消化器領域のパイプラインが充実しています。

がん領域の開発数はここ数年で著しく拡大しました。医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出された薬効別の治験計画の届出件数を見てみると、2014年度から18年度にかけてがん領域の件数は約2倍に増加。一方、循環器領域や呼吸器領域は減少しつつあります。

【年風土ごとの治験計画届出件数の推移グラフ(薬効別)】(2014/2015/2016/2017/2018): 1.中枢神経用薬(2.を除く)[精神神経用剤]/68/49/48/64/65 |2.解熱鎮痛消炎薬/7/4/5/4/3 |3.末梢神経用薬[局所麻酔剤]/4/9/6/6/9 |4.眼科・耳鼻科用薬/11/30/14/17/15 |5.抗アレルギー薬/21/12/4/7/20 |6.循環器官用薬[血圧降下剤]/48/46/49/21/29 |7.呼吸器官用薬/16/25/14/12/8 |8.消化器官用薬(9.を除く)/18/11/25/14/10 |9.消化性潰瘍用薬/2/1/1/1/0 |10.ホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)/18/27/35/29/30 |11.泌尿生殖器官及び肛門用薬/5/11/10/8/6 |12.外皮用薬/9/15/10/9/24 |13.ビタミン・血液・体液用薬等代謝性医薬品/83/86/84/97/110 |14.抗悪性腫瘍薬/159/226/230/313/343 |15.放射性医薬品/4/5/7/5/2 |16.抗生物質/7/9/11/8/6 |17.化学療法剤(16.を除く)[合成抗菌剤]/27/22/21/16/17 |18.生物学的製剤[ワクチン類]/39/24/28/28/36 |19.駆虫薬/0/2/1/0/0 |20.X線造影剤・その他診断薬/4/1/2/3/2 |21.その他[糖尿病用剤]/51/42/40/31/29 |計/601/657/645/693/764 |※医薬品医療機器総合機構「薬物の治験計画届出件数の推移(薬効別分類)」をもとに作成

内資系企業27社の国内新薬開発パイプライン

【疾患領域別の国内開発パイプライン(内資系企業)の一覧a】(2020年5月1日現在): 武田薬品工業 |アステラス製薬 |大塚HD |第一三共 |エーザイ |大日本住友製薬 |田辺三菱製薬 |塩野義製薬 |協和キリン |小野薬品工業 |大正製薬HD

【疾患領域別の国内開発パイプライン(内資系企業)の一覧b】(2020年5月1日現在): |参天製薬 |Meiji Seikaファルマ |帝人ファーマ |久光製薬 |旭化成ファーマ |日本新薬 |日本たばこ産業(JT) |キョーリン成約HD |持田製薬 |科研製薬 |キッセイ薬品工業 |あすか製薬 |富士フイルム富山化学 |JCRファーマ |ヤクルト本社 |マルホ |※各社のパイプライン、製薬協のパイプライン情報をもとに作成

国内の大手製薬はいずれもがん領域に注力しており、そのことは各社のパイプラインからもよくわかります。がん免疫療法や抗体薬物複合体(ADC)の開発が活発で、特にアステラス製薬や大塚ホールディングス(HD)、第一三共、小野は早期のパイプラインを多く抱えています。

武田は、注力領域である消化器領域やシャイアー買収で獲得した血液疾患の開発が目立ちます。アステラスは神経・筋疾患や免疫・炎症の領域でP1~P2に多くの開発品を揃えているほか、大日本住友製薬は得意の中枢神経系領域で開発品が豊富。塩野義製薬やMeiji Seikaファルマ、富士フイルム富山化学は感染症・ワクチンのパイプラインが多くなっています。

パイプラインの数は大手・準大手と中堅以下で開きがありますが、中堅以下では▽帝人ファーマ▽日本新薬▽キッセイ薬品工業▽富士フイルム富山化学▽JCRファーマ▽マルホ――の6社は、新規有効成分で5つ以上の開発パイプラインを持っています。キッセイ薬品は申請間近の脊髄小脳変性症治療薬ロバチレリンなど希少疾病治療薬を開発。マルホはすべて皮膚領域です。

外資系企業18社の国内新薬開発パイプライン

【疾患領域別の国内開発パイプライン(外資系企業)の一覧】(2020年5月1日現在): 中外製薬 |ファイザー |ノバルティス |MSD |GSK |ヤンセン |サノフィ |アッヴィ |日本イーライリリー |ブリストル |セルジーン |ギリアド |アストラゼネカ |ベーリンガーインゲルハイム |バイエル薬品 |ノボ ノルディスク |メルクバイオ |UCB ジャパン |※各社のパイプライン、製薬協のパイプライン情報をもとに作成

外資系企業は、全体的に内資系企業と比べてパイプラインが豊富で、がん以外では「循環器・代謝・腎」「消化器」「皮膚」「骨・関節」といった領域が目立ちます。

「消化器」「皮膚」「骨・関節」といった領域が多くなっているのは、アトピー性皮膚炎や潰瘍性大腸炎・クローン病、関節リウマチといった免疫系の疾患を標的とした薬剤の開発が活発だからです。こうした疾患では、ファイザーやアッヴィ、日本イーライリリーなどが多くのパイプラインを抱えています。

一方、「循環器・代謝・腎」では、バイエル薬品やアストラゼネカ、ノボ ノルディスクファーマが複数のパイプラインを開発中。心血管疾患や糖尿病、腎臓病などのほか、サノフィは代謝性の希少疾患をターゲットとした開発を進めています。

(AnswersNews 亀田真由)

この記事は、AnswersNewsが発行した以下のオリジナル記事を承諾を得て掲載しております。