Aimmune社、ピーナッツアレルギー対象のAR101が第3相試験で主要評価項目達成 ほか【1分でわかる世界の製薬ニュース】

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年2月15日】

Aimmune社、ピーナッツアレルギー対象のAR101が第3相試験で主要評価項目達成

Aimmune社、ピーナッツアレルギーを対象とする経口免疫療法AR101の第3相試験で、主要評価項目を達成したと発表した。1年間の治療後、プラセボでは4%であった軽度の症状に対し、AR101を投与した4〜17歳の患者の67.2%が、600mg以上のピーナッツタンパク質の投与量に対して軽度の症状であった。

Abbvie社とVoyager社、一回投与のアデノ随伴ウイルスベクター技術活用のアルツハイマー病治療薬の開発計画を発表

Abbvie社、Voyager社と共に、アルツハイマー病対象の一回投与のアデノ随伴ウイルスベクター技術を活用した治療薬の開発計画を発表した。両社は遺伝子治療プラットフォームを使用して、抗タウ抗体を産生するための遺伝的指示をするAAVベクター抗体を脳内に伝達する。

Hikma社、新CEO1にTeva社のSigurdur Olafsson氏を任命

Hikma社、Teva社の執行役員Sigurdur Olafsson氏をCEOとして直ちに迎えると発表。現在のSaid Darwazah氏は、取締役の執行委員長の地位にとどまるとも発表した。

AstraZeneca社、遺伝性の腎疾患対象のIonis社のアンチセンス薬でライセンス契約締結

AstraZeneca社、遺伝性の腎疾患対象のIonis社のアンチセンス薬AZD2373に関してライセンス契約を締結したいと発表。AZD2373がどの遺伝子を標的にするかは公表されていない。Ionis社は、AstraZenecaから3,000万ドルの前払金を受領し、追加の開発およびマイルストーンで最高3億ドルを受け取る予定です。

Emulate社、ロシュ社と武田薬品社とそれぞれ生体機能チップに関してパートナーシップ契約を締結

Emulate社、ロシュ社と武田薬品社とドラッグディスカバリーに活用する同社のに生体機能チップに関してそれぞれパートナーシップ契約を締結したと発表した。ロシュ社は、オルガンチップを使用します。ロシュとの契約は、治療用抗体を開発するための「ヒューマンエミュレーションシステム」に焦点を当て、武田社は消化器疾患の研究開発に同社の技術を活用するとしている。

【オリジナルの英文記事はこちらから】

A phase 3study of Aimmune therapeutics’ oral immunotherapy AR101 in patients with peanut allergy met its primary endpoint.

After one year of treatment 67,2% of patients aged 4 to17 given AR101 tolerated a single highest dose of at least 600mg of peanut protein with no more than mild symptoms versus 4% for placebo.

Abbvie will use Voyager therapeutics’ adeno-associated viral vector technology in an effort to develop a one-time treatment for Alzheimer’s disease.

The companies will use the gene therapy platform to deliver an AAV vector antibody that encodes the genetic instructions to produce anti-tau antibodies within the brain.

Hikma pharmaceuticals appointed former Teva executive Sigurdur Olafsson as CEO effective immediately. The company noted that current chief executive Said Darwazah will assume the position of executive chairman.

AstraZeneca licensed Ionis pharmaceuticals’ antisense drug AZD2373, which is designed to inhibit an undisclosed target to treat a genetically associated form of kidney disease. Ionis will receive a $30 million upfront payment from AstraZeneca and also receive up to $300 million in additional development and regulatory milestones.

Emulate entered partnerships with Roche and Takeda to use its organ chips for drug discovery. The deal with Roche will focus on the Human Emulation System to develop therapeutic antibodies, while Takeda will use Emulate’s Intestine-Chip for R&D in gastrointestinal diseases.

To read these and other stories in full, visit:
www.firstwordpharma.com

関連記事

  1. NY市の川崎病様COVID-19関連多臓器炎症小児17人の報告~心臓異常が心配

  2. GileadのCAR-T製品・イエスカルタのアムステルダム製造拠点を欧州が認可

  3. 米国病院の77%で使われているAI/クラウド製品を売るNuance社をMicrosoftが買う

  4. BBCが選ぶ期待の新人・アリッサの新曲でファンが作った動画が話題、“対コロナで団結”

  5. 一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年11月9日

  6. BoehringerがOxford BioTherapeutics社の癌治療標的探しに更に頼る

メルマガ無料配信中




  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. どの新型コロナウイルス変異株も阻止するAbCellera社の抗体の試験を…

    2021.05.06

  3. 変異株B.1.351感染蔓延の南アでのNovavax社COVID-19蛋白質ワクチン…

    2021.05.06

  4. Aldeyra社の活性アルデヒド種阻害点眼剤のアレルギー性結膜炎Ph3試…

    2021.05.05

  5. アルポート症候群腎疾患を治療するReata社のNrf2活性化剤の承認申請…

    2021.05.05

  6. コレステロール似の物質コレステノンがピロリ菌の増殖を阻害すると…

    2021.05.05

  7. VerilyのデジタルツールでLivaNova社の大うつ病神経刺激治療を評価…

    2021.05.05

  8. COVID-19 mRNAワクチンの顔麻痺は他ワクチンより生じ易くはなさそう

    2021.05.05

  9. 武田薬品の非小細胞肺癌治療薬mobocertinibの承認申請を米国FDAが優…

    2021.05.05

  10. RocheのTecentriqの難ありの乳癌用途の承認維持をFDA招集専門家が支持

    2021.05.05

  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. 「データ活用の有無がチームの営業力を左右する」顧客の解像度を高…

    2021.04.28

  3. ボイジャー社株価が18%上昇。ハンチントン病の遺伝子治療薬VY-HTT0…

    2021.04.27

  4. AACR発表:肝細胞癌患者における抗PD-1抗体セミプリマブによるネオ…

    2021.04.26

  5. ヤンセン社、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第3相ACIS…

    2021.04.26