アストラゼネカのPD-L1阻害剤Imfinzi、非小細胞肺がん対象でFDAから承認 ほか【1分でわかる世界の製薬ニュース】

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年2月15日】

アストラゼネカのPD-L1阻害剤Imfinzi、非小細胞肺がん対象でFDAから承認

アストラゼネカ、切除不能なStage3の非小細胞肺がん患者を対象とした同社のPD-L1阻害剤Imfinziが、FDAから承認されたと発表した。
同社は、プラチナベースの化学療法と放射線療法の併用後に病気が進行していない患者を対象とした唯一の免疫療法であると加えた。AstraZeneca社のオンコロジーユニットのDave Frederickson氏は、「世界中で、非小細胞肺癌患者の約30%がステージ3であり、この患者方むけに、この初めて免疫療法を開始することに興奮しています。」と述べた。
ドイチェバンクののアナリスト、リチャード・パークス氏は、Imfinziの肺がんに対するFDAの承認は、予想より約1ヵ月早かったと述べている。

関節リウマチ対象のHM71224の臨床試験が中止に

Eli Lilly社、関節リウマチ対象のHM71224の臨床試験を中止しました。同社はこの理由を、「プライマリエンドポイントを達成する可能性が低い」ためと述べた。
パートナー企業であるHunmi社は、BTK阻害剤をほかの他の自己免疫疾患を対象として開発に関して協議中であると述べた。

ギリアド社とメルク社のC型肝炎に関する特許訴訟、ギリアド社の特許侵害は無いとの判決

米国の裁判所は、ギリアド社のC型肝炎薬がメルク・アンド・カンパニーが保有する特許を侵害し、ギリアド・サイエンス社に25億4000万ドルを支払う旨の訴えに対して、メルク社の特許は無効であるとして訴えを退けた。
裁判所の判断は、メルク社は必要で十分な実験に基づく治療方法を開示するという要件を満たしていないとした。

【オリジナルの英文記事はこちらから】

FDA approved AstraZeneca’s PD-L1 inhibitor Imfinzi to include the treatment of certain patients with unresectable Stage3 non small cell lung cancer.

The company noted that the drug is the only immunotherapy cleared in this indication which is for patients whose disease has not progressed following concurrent platinum-based chemotherapy and radiation therapy.

Dave Frederickson, head of AstraZeneca oncology unit, said “globally, approximately 30% of patients of non-small cell lung cancer present with stage 3 disease and we are excited to launch the first immunotherapy into this setting.

Deutsch Bank analyst Richard Parks remarked that the FDA approval of Imfinzi in lung cancer came around one month earlier than expected.

Eli Lilly halted mid-stage trials of the experimental drug HM71224 in patients with rheumatoid arthritis because it is “unlikely to meet the primary efficacy endpoint.”

Partner Hanmi pharmaceutical noted that the companies are in talks regarding development of the BTK inhibitor in other autoimmune diseases.

A US judge overturned a verdict requiring Gilead Sciences to pay $2.54 billion because its hepatitis C drugs infringe a patent held by Merck & Co.

The judge ruled that Merck’s patent was invalid, noting that it did not meet a requirement that it discloses how to make the treatment it covered without undue experimentation.

To read these and other stories in full, visit:
www.firstwordpharma.com

関連記事

  1. GileadがSecond Genomeの微生物解析技術を頼りに炎症性腸疾患薬を探す

  2. 全世界のがん治療にかかる医療費が、高額な免疫療法などの新規治療法の出現で2020年には1,500億ドル以上に。

  3. AstraZenecaのCOVID-19ワクチン3億回投与分の実現に米国政府が12億ドル出す

  4. 人工呼吸/酸素投与COVID-19入院患者の死亡率が低用量ステロイドで低下

  5. ペリゴ社 多発性硬化症治療薬「タイサブリ」のロイヤリティに関する権利を売却へ

  6. 重度COVID-19患者へのApogenix社のCD95リガンド阻害剤の第2相試験開始

メルマガ無料配信中




  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. どの新型コロナウイルス変異株も阻止するAbCellera社の抗体の試験を…

    2021.05.06

  3. 変異株B.1.351感染蔓延の南アでのNovavax社COVID-19蛋白質ワクチン…

    2021.05.06

  4. Aldeyra社の活性アルデヒド種阻害点眼剤のアレルギー性結膜炎Ph3試…

    2021.05.05

  5. アルポート症候群腎疾患を治療するReata社のNrf2活性化剤の承認申請…

    2021.05.05

  6. コレステロール似の物質コレステノンがピロリ菌の増殖を阻害すると…

    2021.05.05

  7. VerilyのデジタルツールでLivaNova社の大うつ病神経刺激治療を評価…

    2021.05.05

  8. COVID-19 mRNAワクチンの顔麻痺は他ワクチンより生じ易くはなさそう

    2021.05.05

  9. 武田薬品の非小細胞肺癌治療薬mobocertinibの承認申請を米国FDAが優…

    2021.05.05

  10. RocheのTecentriqの難ありの乳癌用途の承認維持をFDA招集専門家が支持

    2021.05.05

  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. 「データ活用の有無がチームの営業力を左右する」顧客の解像度を高…

    2021.04.28

  3. ボイジャー社株価が18%上昇。ハンチントン病の遺伝子治療薬VY-HTT0…

    2021.04.27

  4. AACR発表:肝細胞癌患者における抗PD-1抗体セミプリマブによるネオ…

    2021.04.26

  5. ヤンセン社、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第3相ACIS…

    2021.04.26