ブリストル・マイヤーズ・スクイブ、Nektar Theraputicと10億ドルのアップフロントペイメントを含むライセンス契約を締結 ほか【1分でわかる世界の製薬ニュース】

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年2月14日】

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ、Nektar Theraputicと10億ドルのアップフロントペイメントを含むライセンス契約を締結

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ社は、Nektar Theraputic社ののがん免疫治療薬候補NKTR-214に関して共同開発のライセンスを締結。総額36億ドルの可能性がある契約で、10億ドルものアップフロントペイメントを含む。NKTR-214は、T細胞およびNK細胞に存在するCD122バイアスアゴニストに結合し、がんを死滅させる免疫細胞が働くことで抗腫瘍免疫応答が発揮される。

両社は、NKTR-214を、9つの腫瘍タイプにおいて、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ社/小野薬品のオプジーボおよびヤーボイとの組み合わせてのピボタル試験を今年開始する予定だ。今回の提携では、ブリストル・マイヤーズスクイブ社が、Nektar Theraputic社に対して、将来的に17億800万ドルの追加資金を受け取る可能性を含む8億5000万ドルの出資も含んでいる。

アルツハイマー治療候補薬、BACE1阻害剤verubecestatの第3相試験を中止に

Merck&Co.は、データモニタリング委員会の勧告を受けて、アルツハイマー型認知症による健忘型軽度認知障害の治療のためのverubecestatの第3相試験を中止する予定と発表。APECS試験のパネルは、BACE1阻害剤の臨床試験が継続しても、有益な効果やリスクの低下を示す可能性は低いと結論付けた。

Shire社、今年度の売上見込を発表

Shire社、今年の製品売上高は、2017年の144億ドルに対し、今年は149億ドルから153億ドルになると見積もっている。CEOのフレミング・オーンスコフ氏は、「ジェネリック薬の影響を吸収した上で、2018年には一桁台半ばの製品売上成長を達成することを期待している」と述べた。

Tetraphase pharmaceuticals社のeravacyclineが、第3相臨床試験で主要評価項目を達成できず。

Tetraphase pharmaceuticals社の尿路感染症対象のeravacyclineが、第3相臨床試験の結果で主要評価項目を達成できなかったことを発表。CEOのガイ・マクドナルド氏は、Merck&Co社のInvanzと比較した試験の結果でをうけて「我々は驚いており、明らかに非常に失望している」と述べた。

【オリジナルの英文記事はこちらから】

Bristol-Myers Squibb will pay $1 billion up front as part of the potential $3.6 billion deal to jointly develop Nektar therapeutics’ immuno-oncology program NKTR-214.

The CD122-biased agonist is designed to selectively expand T cells and NK cells directly in the tumor micro-environment and increase PD-1 expression on those immune cells.

The companies will investigate NKTR-214 in combination with Bristol-Myers Squibb’sOpdivo and Yervoy across nine tumor types, with pivotal studies expected to begin this year.

The deal will also see Bristol-Myers Squibb make an equity investment of $850 million in Nektar with the latter eligible to receive an additional $1.78 billion in milestones.

Merck & Co. will end a phase 3 study of verubecestat for thetreatment of prodromal Alzheimer’s disease following a recommendation by anexternal Data Monitoring Committee.

The panel for the APECS trial concluded that the BACE1 inhibitor was unlikely to exhibit a positive benefit/risk ratio if the study continued.

Shire estimates that product sales will be between $14.9 billion and $15.3 billion this year, compared to $14.4 billion in 2017.
CEO Flemming Ornskov noted “we expect to deliver mid-single digit product sales growth in 2018 after absorbing the anticipated impact of generics.”

A phase3 study of Tetraphase pharmaceuticals’ eravacycline for the treatment of patients with complicated urinary tract infections failed to meet its co-primary endpoints.

CEO Guy McDonald said “we are surprised and obviously very disappointed.” in the results of the trial which compared the fluorocycline antibiotic to Merck & Co,’s Invanz.

To read these and other stories in full, visit:
www.firstwordpharma.com

関連記事

  1. 【アトピー性皮膚炎市場】サノフィのデュピルマブの新たな競合品になりうるか?ファイザー社のアトピー性皮膚炎での今後の開発戦略

  2. 新型コロナウイルススパイク蛋白質受容体結合領域は血液型A抗原により寄り付く

  3. オリックス、小林化工に出資…株式の過半数を取得

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13