世界の製薬業界の最新ニュースと解説

AbbVieの第4四半期の売上高はアナリスト予想を上回る77億ドル。HumiraとImbruvicaが牽引 ほか【1分でわかる世界の製薬ニュース】

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年1月26日】

AbbVieの第4四半期の売上高はアナリスト予想を上回る77億ドル。HumiraとImbruvicaが牽引

AbbVieの第4四半期の売上高はアナリスト予想の75億ドルを上回る14.1%増の77億ドルであった。HumiraとImbruvicaが成長を牽引した。
Humiraの売り上げはアナリストの予想48億ドルを上回る14%増の49億ドル、Imbruvica売上高は、70.7百万ドルで38.7%増加した。

武田、ピオグリタゾン、アルツハイマー病対象の第3相試験を中止

武田薬品およびジンファンデル・ファーマシューティカルズは、ピオグリタゾンのアルツハイマー病による軽度の認知障害の発症を遅らせるの効果を調べる第3相試験を中止した。両社は発表で、中止の決定はデータの分析に基づいて行われ、軽度の認知障害の発症を遅らせる治療効果がないと判断した。

AstraZenecaのPT010、COPDの第3相試験で結果

AstraZenecaのPT010は、中程度〜非常に重度のCOPDの患者対象の第3相試験において、肺機能に関する9つの主要エンドポイントのうち8つで有意な改善を示したと発表。同社は、2018年後半に日本と中国でトリプル・コンビネーション療法の承認申請を行い、来年には米国と欧州でも承認申請をする予定だ。

血友病A治療薬HemlibraにEMAパネル、肯定的な意見を採択

EMA(European Medicines Agency)のパネルは、血友病A患者の第8因子阻害剤での出血の予防について、ロシュ​​のHemlibraに対して肯定的な意見を採択した。昨年FDAによって承認された治療の申請は、EUにおいても、迅速審査されている。

EMA、ヘルペス治療薬Shingrixの承認を支持

EMA(European Medicines Agency)委員会は、50歳以上の成人におけるヘルペス帯状疱疹およびヘルペス後神経痛の予防のために、グラクソ・スミスクラインのShingrixの承認を支持した。当局は、シングリックスの利点には、帯状疱疹の発生率を大幅に下げることができ、その結果としてヘルペス後神経痛がプラセボと比較して大幅に減少するとしている。

【オリジナルの英文記事はこちらから】

AabbVie’s fourth-quarter sales increased fourteen point one percent to seven point seven billion dollars, topping analysts estimates of seven point five billion
dollars, with growth led by Humira and imbruvica.

Revenue from Humira climbed fourteen percent to four point nine billion dollars, ahead of forecasts of four point eight billion dollars, with sales of Imbruvica up thirty eight point seven percent at seven hundred and eight million dollars.

Takeda and Zinfandel Pharmaceuticals terminated a phase three study investigating the ability of pioglitazone to delay the onset of mild cognitive impairment due to Alzheimer’s disease.

The companies noted that the decision was made following a planned futility analysis, which indicated that the treatment was ineffective in delaying the onset of mild cognitive impairment.

AstraZeneca’s PT010 demonstrated a significant improvement in eight out of nine lung function primary endpoints in a phase three study of patients with moderate to very severe
COPD.

The company plans to make regulatory submissions for the triple-combination therapy in Japan and China in the second half of 2018, followed by possible filings in the US and Europe next year.

A European Medicines Agency panel adopted a positive opinion for Roche’s Hemlibra for routine prophylaxis of bleeding episodes in people with haemophilia A with factor 8 inhibitors.

The application for the therapy which was approved last year by the FDA, is being reviewed in the EU under accelerated assessment.

A European Medicines Agency committee backed approval of GlaxoSmithKline’s Shingrix for the Prevention of herpes zoster and post-herpetic neuralgia in adults fifty years of age or older.

The agency said the benefits of Shingrix include “its ability to significantly decrease the
incidence of Herpes zoster and consequently of post-herpetic neuralgia compared with placebo”

To read these and other stories in full, visit:
www.firstwordpharma.com

世界の「製薬業界の今」が1分でわかる「無料メルマガ」!

世界の製薬業界の今を把握できるメルマガ「一分でわかる製薬トップニュース」をご活用下さい。

■ 海外トップニュースを日本語で
■ 毎日無料配信
■ 製薬業界の今が1分でわかる!