世界の製薬業界の最新ニュースと解説

今週のオンコロジートップニュース:2018年1月22日〜1月26日 【1分でわかるオンコロジー】

Celgene社、Juno社を約90億ドルで買収する合併契約締結

2018年1月22日 Celgene社、Juno社を約90億ドルで買収する合併契約を締結したと発表。第1四半期に終了するこの取引を通じてCelgene社は、この買収でJuno社の開発品、CAR-T療法JCAR017を獲得する予定だ。

ジョンソン・エンド・ジョンソン社第4四半期決算報告。Actelion買収効果もあり17.6%の増

2018年1月23日 ジョンソン・エンド・ジョンソン社の第4四半期の処方薬の売上高は、新製品とActelion社の買収により、17.6%増の97億ドルとなった。同社は、米国における最近の税改正に関連した136億ドルの費用を含む、107億ドルを当四半期の損失として計上した。
2018年、1株当たり利益は8.00ドルから8.20ドルと予想され、アナリストの見積りは1株当たり7.88ドルと予想しる。年間売上高は806億ドルから814億ドルの間と予測され、これは3.5%から4.5%の伸びを示している。

ノバルティス、アナリスト予想を上回る好調な第4四半期決算を発表。乾癬治療薬コセンティクスらが牽引

2018年1月24日 ノバルティス、第4四半期の売上高が5%増の129億ドルと発表。アナリスト予想の128億ドルを若干上回った。同社の革新的医薬品部門の収益は、ジェネリック医薬品が4ポイント悪化したにもかかわらず、6%増の88億ドルであった。
同社CEOのJoe Jimenez氏は、乾癬治療薬コセンティクスが大型のブロックバスターステータスのレベルに達し、Entrestoは5億ドル以上の売り上げるなど2017年は良い結果を出せた年だったと語った。同氏は、水平展開型の製品の上市の成果、新しい営業モデルにより、ノバルティスは持続的な成長を遂げることができるとも強調した。

EMA委員会、乳がんアジュバント治療のNerlynxに対して否定票が上回る

2018年1月24日 Puma biotechnology社は、European Medicines Agency(EMA)の委員会の投票で、Nerlynxに対して否定票が上回ったと発表した。同社は、早期のHER-2陽性乳がんへのアジュバント療法のEUでの承認を得るために、あらたな手順を取る必要があると述べた。

Celgene、第4四半期決算発表

2018年1月25日 Celgene、第4四半期の売上高が17%増の35億ドルと発表、Revlimidの収益は21%増の22億ドルであった。同社は、年間の総売上高は144億ドルから148億ドル、Revlimidは約94億ドルとの予測も発表。