Biogenの第4四半期の好結果。 MS治療薬のTecfidera、SMA治療薬Spinrazaが業績の回復に貢献 ほか【1分でわかる世界の製薬ニュース】

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年1月25日】

Biogenの第4四半期の好結果。 MS治療薬のTecfidera、SMA治療薬Spinrazaが業績の回復に貢献

Biogenの第4四半期の売上高は15%増の33億ドルとなり、アナリスト予想は31億ドルを上回った。 Tecfidera、Spinrazaの発売など、同社の多発性硬化症フランチャイズのが行政機の成長を引っ張った。

CEOのMichel Vounatsos氏は、当社の中核の多発性硬化症領域が業績の回復に貢献したことに加え、「Spinrazaは、最も成功した希少疾患対象とした治療薬の1つである」と語った。脊髄性筋萎縮の治療に使用されるSpinrazaの第4四半期の売上高は、アナリスト予想の3億1900万ドルを大きく上回り、に3億3600万ドルであった。

ノバルティス、遺伝子治療薬Luxturnaの米国外でのライセンスを締結

ノバルティス社、スパーク・セラピューティクス社とのライセンス契約の締結を発表した。この契約では、治療薬Luxturnaの米国以外での開発と製品化に関してである。 Luxturnaは、レーバー先天性黒内障または色素性網膜炎に起因する視力喪失の患者向けの遺伝子治療薬として現在ヨーロッパで審査中である。

Celgene、第4四半期決算発表

Celgene、第4四半期の売上高が17%増の35億ドルと発表、Revlimidの収益は21%増の22億ドルであった。同社は、年間の総売上高は144億ドルから148億ドル、Revlimidは約94億ドルとの予測も発表。

欧州委員会、筋ジストロフィー治療薬Raxoneの承認に対して否定的な回答

Santhera Pharmaceuticals社、欧州医薬品庁(European Medicines Agency)から、デュシェンヌ型筋ジストロフィーを対象としたRaxoneの申請について否定的な回答を受け取ったことを発表した。同社は昨年9月に否定的な意見が出された後、委員会に対して再審査を依頼していた。

【オリジナルの英文記事はこちらから】

Biogen’s fourth-quarter sales climbed to 15% to $3.3 billion, beating analyst forecasts of $3.1 billion. Growth was led by the performance of the company’s Multiple Sclerosis franchise, including Tecfidera and the launch of Spinraza.

CEO Michel Vounatsos said our core MS business demonstrated resilience adding “Spinraza has had one of the most successful rare disease launches of all time.” Sales of Spinraza which is used to treat spinal muscular atrophy, reached $363 million in the fourth quarter, topping analysts estimates of $319 million.

Novartis reached a deal to develop and commercialize Spark Therapeutics’ gene therapy Luxturna in markets outside the US. Luxturna is currently under review in Europe for the treatment of patients of vision loss due Leber congenital amaurosis or retinitis pigmentosa.

Celgene’s fourth-quarter sales jumped 17% to $3.5 billion with revenue from Revlimid up 21% at $2.2 billion. For the current year, the drug maker indicated that overall sales are forecast to be between $14.4 billion and $14.8 billion, with Revlimid revenue of around $9.4 billion.

Santhera Pharmaceuticals expects a European Medicines Agency panel to maintain its negative opinion on a filing for Raxone in Duchenne muscular dystrophy. The company asked the committee to re-examine the application after it issued a negative opinion in September last year.

To read these and other stories in full, visit:
www.firstwordpharma.com

関連記事

  1. 早期トリネガ乳がんの再発予測に血中循環腫瘍DNA

  2. 膠芽腫CAR-T治療を発見したEmpirica Therapeutics社をCentury社が取得

  3. ブリストル・マイヤーズスクイブ、膠芽腫対象のオプジーボの第3相試験で無増悪生存期(PFS)達成できず|FirstWord【ヘッドライン】

  4. 一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年8月26日

  5. ダウ532ドル高、新型コロナ治療薬への期待で

  6. 重病患者への新型コロナウイルス感染回復者血漿投与の有望な効果が認められた

メルマガ無料配信中




  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. どの新型コロナウイルス変異株も阻止するAbCellera社の抗体の試験を…

    2021.05.06

  3. 変異株B.1.351感染蔓延の南アでのNovavax社COVID-19蛋白質ワクチン…

    2021.05.06

  4. Aldeyra社の活性アルデヒド種阻害点眼剤のアレルギー性結膜炎Ph3試…

    2021.05.05

  5. アルポート症候群腎疾患を治療するReata社のNrf2活性化剤の承認申請…

    2021.05.05

  6. コレステロール似の物質コレステノンがピロリ菌の増殖を阻害すると…

    2021.05.05

  7. VerilyのデジタルツールでLivaNova社の大うつ病神経刺激治療を評価…

    2021.05.05

  8. COVID-19 mRNAワクチンの顔麻痺は他ワクチンより生じ易くはなさそう

    2021.05.05

  9. 武田薬品の非小細胞肺癌治療薬mobocertinibの承認申請を米国FDAが優…

    2021.05.05

  10. RocheのTecentriqの難ありの乳癌用途の承認維持をFDA招集専門家が支持

    2021.05.05

  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. 「データ活用の有無がチームの営業力を左右する」顧客の解像度を高…

    2021.04.28

  3. ボイジャー社株価が18%上昇。ハンチントン病の遺伝子治療薬VY-HTT0…

    2021.04.27

  4. AACR発表:肝細胞癌患者における抗PD-1抗体セミプリマブによるネオ…

    2021.04.26

  5. ヤンセン社、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第3相ACIS…

    2021.04.26