ノバルティス、アナリスト予想を上回る好調な第4四半期決算を発表。乾癬治療薬コセンティクスらが牽引 ほか【1分でわかる世界の製薬ニュース】

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年1月24日】

ノバルティス、アナリスト予想を上回る好調な第4四半期決算を発表。乾癬治療薬コセンティクスらが牽引

ノバルティス、第4四半期の売上高が5%増の129億ドルと発表。アナリスト予想の128億ドルを若干上回った。同社の革新的医薬品部門の収益は、ジェネリック医薬品が4ポイント悪化したにもかかわらず、6%増の88億ドルであった。

同社CEOのJoe Jimenez氏は、乾癬治療薬コセンティクスが大型のブロックバスターステータスのレベルに達し、Entrestoは5億ドル以上の売り上げるなど2017年は良い結果を出せた年だったと語った。

同氏は、水平展開型の製品の上市の成果、新しい営業モデルにより、ノバルティスは持続的な成長を遂げることができるとも強調した。

レミケードの特許に関する裁判

米国特許商標庁によるジョン·エンド·ジョンソンのレミケードに関する特許を無効にしたという判断を米国の裁判所は支持。この訴訟は、ジョンソン·アンド·ジョンソンがセルトリオンおよびファイザーのHospiraユニットに対して提出したレミケードのバイオシミラーInflectraに関する特許侵害に関してである。

EMA委員会、乳がんアジュバント治療のNerlynxに対して否定票が上回る

Puma biotechnology社は、European Medicines Agency(EMA)の委員会の投票で、Nerlynxに対して否定票が上回ったと発表した。同社は、早期のHER-2陽性乳がんへのアジュバント療法のEUでの承認を得るために、あらたな手順を取る必要があると述べた。

【オリジナルの英文記事はこちらから】

Novartis is fourth-quarter sales climbed 5% to $12.9 billion, topping analysts estimates of $12.8 billion. Revenue from the company’s innovative medicines unit grew 6% to $8.8  billion,  despite generic competition having a negative impact of 4 percentage points.

CEO Joe Jimenez said Novartis had a good year in 2017 adding Cosentyx reached multi-blockbuster status and Entresto delivered over $500 million.

He  noted that with several key launches on the horizon and our new operating model in place, Novartis is poised for sustainable growth.

US court upheld an earlier decision by the US Patent and Trademark Office that had invalidated a Johnson & Johnson patent on Remicade.  The ruling stems from patent infringement lawsuits filed by Johnson & Johnson against Celltrion and Pfizer’s Hospira unit over the Remicade biosimilar Inflectra.

Puma biotechnology indicated that the European Medicines Agency’s committee communicated a negative trend vote in regards to its filing for Nerlynx. The company said that it is likely that additional steps would need to be taken to gain EU approval for the extended adjuvant treatment of early stage her-2 positive breast cancer.

To read these and other stories in full, visit:
www.firstwordpharma.com

関連記事

  1. 「病院辞めたい」「勤務中に泣き出す人も」 医療現場が悲鳴 

  2. Gilead社がスタンフォード大学の研究者を炎症疾患臨床開発リーダーに迎えた

  3. MorphoSysのリンパ腫薬TafasitamabのFDA承認審査結果が8月末までに判明する

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13