キイトルーダ、非小細胞肺癌の化学療法併用の第3相試験で主要評価項目を達成 ほか 【1分でわかる世界の製薬ニュース】

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年1月16日】

キイトルーダ、非小細胞肺癌の化学療法併用の第3相試験で主要評価項目を達成

メルク社、非小細胞肺癌に対して、キイトルーダが化学療法との併用投与の臨床試験においてPD1阻害剤としては最初である全生存期間においての良好な結果を発表した。キイトルーダは非小細胞肺癌(転移性の非扁平上皮癌)の第一選択治療薬として化学療法との併用に関する第3相臨床試験を実施し、今回、全生存期間およびPFSの2つの主要評価項目を達成した。

2018年ロシュ社CEO「現実的な期待」を

ロシュのCEO、Severin Schwan氏は、同社の「高い収益をあげている製品の一部の特許切れにより今後同社の収益性に「大きなプレッシャー」を与えている。と述べた。同氏は、「同社の業績に関して、過去数年とは2018は異なりより「現実的」な業績への期待の必要性を強調した。

Adynovi、欧州においてA型血友病への販売承認

シャイアは、血友病Aを有する12歳以上の患者に、出血時および予防的使用の適応で、欧州においてAdynoviの販売承認を発表した。 同薬は、遺伝子組換え第VIII因子が、血液中でより長く持続するように改変されており、従来の血液凝固製剤と比べて投与の回数が少ない

ウベニメクス、肺動脈性肺高血圧症での開発終了を発表

Eiger BioPharmaceuticalsは、肺動脈灌流におけるubenimexの開発を終了する予定である。ubenimexは、第2相試験LIBERTYにおいて主要目標を達成できなかった。全体的な改善目標、肺血管抵抗性においてエンドポイントの達成を示すことができなかった。

【オリジナルの英文記事はこちらから】

A Phase3 study of Merck & Co`s Keytruda in combination with Chemotherapy for the first-line treatment of patients with metastatic non-squamous NSCLC met its dual primary endpoints of overall survical and PFS.The durgmaker indicated that Keytryda is the first PD1 inhibitor in combination with chemotherapy to show an overall survival benefit in NSCLC.

Roche CEO Severin Schwan acknowledged that some of the company’s “highly profitable medecines are coming off patent,” putting “a lot of pressure” on profitability.
the executive also highlighted the need to have “realisti” expectaions about the company’s performance in 2018, after ” one of the best years we ever had in terms of our pipeline progress.”

Shire received marketing authorisation in Europe for Adynovi for on-demand and prophylactiv use in patients 12 years and older with haemophilia A.The drugmaker noted that the recombinant factor VIII treatment has been modified to last longer in the blood and potentially require fewer injections than unmodified antihaemophilic factor.

Eiger BioPharmaceuticals will end development of ubenimex in pulmonary arterial hytertention after the durg failed to hit the main goal of a Phase2 study in the LIBERTY trual, ubenimex demonstrated no improvement overall or in key subgroups for the primary efficacy endpoint of pulmonary vascular resistance.

To read these and other stories in full, visit:
www.firstwordpharma.com

関連記事

  1. 米国でラニチジンが終焉~発癌性物質NDMAが許容範囲を超える恐れがあるため

  2. COVID-19ワクチン推進米国政府機関長が突然辞任~言い分は実情と異なるらしい

  3. 1日に4,000人超を検査しうるRocheの新型コロナウイルス検出製品をFDAが許可

  4. アジア株式に落ち着き 米英のコロナ対策でダウ上昇

  5. BioMarin社の血友病A遺伝子治療Ph3で2年を過ぎた患者のFVIII発現が更に枯渇

  6. レノックス・ガストー症候群に対する 第3相試験において主な目標を達成

メルマガ無料配信中




  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. どの新型コロナウイルス変異株も阻止するAbCellera社の抗体の試験を…

    2021.05.06

  3. 変異株B.1.351感染蔓延の南アでのNovavax社COVID-19蛋白質ワクチン…

    2021.05.06

  4. Aldeyra社の活性アルデヒド種阻害点眼剤のアレルギー性結膜炎Ph3試…

    2021.05.05

  5. アルポート症候群腎疾患を治療するReata社のNrf2活性化剤の承認申請…

    2021.05.05

  6. コレステロール似の物質コレステノンがピロリ菌の増殖を阻害すると…

    2021.05.05

  7. VerilyのデジタルツールでLivaNova社の大うつ病神経刺激治療を評価…

    2021.05.05

  8. COVID-19 mRNAワクチンの顔麻痺は他ワクチンより生じ易くはなさそう

    2021.05.05

  9. 武田薬品の非小細胞肺癌治療薬mobocertinibの承認申請を米国FDAが優…

    2021.05.05

  10. RocheのTecentriqの難ありの乳癌用途の承認維持をFDA招集専門家が支持

    2021.05.05

  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. 「データ活用の有無がチームの営業力を左右する」顧客の解像度を高…

    2021.04.28

  3. ボイジャー社株価が18%上昇。ハンチントン病の遺伝子治療薬VY-HTT0…

    2021.04.27

  4. AACR発表:肝細胞癌患者における抗PD-1抗体セミプリマブによるネオ…

    2021.04.26

  5. ヤンセン社、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第3相ACIS…

    2021.04.26