【1分でわかる世界の製薬ニュース】GSK社Emma Walmsley氏、CEO就任後に125中50もの上位幹部ポジションを変更 ほか

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年1月10日】

GSKのEmma Walmsley氏、CEO就任後に125中50もの上位幹部を変更

グラクソスミスクライン(GSK)のCEOのEmma Walmsley氏は、昨年就任以来、既存スタッフの内部昇進、そして新たなスキルとアイデアを取り入れるための外部からの登用、そしてマネージメントチームの多様性の増加を目的として、125ある上位幹部のポジション中、50のポジションの人材を変更したと語った。
この変更には、ノバルティスの役員であったTobias Hessler氏、Christine Roth氏などが含まれ、それぞれGSK消費材部門のCFO、オンコロジー・フランチャイズの最高責任者に任命された。また、Tamara Rogersが中東およびアフリカのヨーロッパ向け消費者部門に加わったことを明らかにした

Fasenra、喘息の追加維持療法として承認

Astra Zenecaは、欧州委員会が、Fasenraを成人の重度好酸球性喘息の患者に対する追加維持療法として承認したと発表した。同社は、同治療薬は8週間の維持投与スケジュールで承認された生物製剤であるとしている。

Merck KGaAのコンシューマーヘルスビジネス部門売却先はネスレ社か

ネスレ社が、Merck KGaAのコンシューマーヘルスビジネス部門のオファーで50億ドルを提示、入札において最前線に立ったようだ。PerryNGOやプライベートエクイティ企業Bain Capitalなどが入札プロセスに参加している。情報筋によると、Merck KGaA社は2018年第1四半期中に販売先を決めるとしている。

【オリジナルの英文記事はこちらから】

GlaxoSmithKline CEO Emma Walmsley has reportedly replaced about 50 of the drug makers top 125 executives since joining the company last year the drug maker noted that Walmsley made the changes which involved both the promotion of existing staff and the recruitment of external candidates to bring new skills and ideas and increased diversity among the management team.
The changes include the appointment of former Novartis executives Tobias Hessler and Christine Roth as chief financial officer of GlaxoSmithKline consumer business and head of the drug makers Oncology franchise respectively.GlaxoSmithKline also disclosed that Tamara Rogers has joined its consumer division for Europe the Middle East and Africa
Astra Zeneca said that the European Commission approved fasenra as an add-on maintenance treatment for adults with severe eosinophilic asthma .The company noted that the monoclonal antibody is the first approved respiratory biologic medicine with an eight-week maintenance dosing schedule.
Finally according to people familiar with the matter nestle is a frontrunner to acquire Merck KGaA as consumer health business for up to $5 billion after other potential buyers including Perry NGO and private equity firms Bain Capital, withdrew from the bidding process. The sources said that Nestle has submitted the highest offer and that Merck will probably select a winner during the first quarter

To read these and other stories in full, visit:
www.firstwordpharma.com

関連記事

  1. Novartisがドライアイ薬Xiidraの欧州承認申請を取り下げた

  2. 福井県死亡6人目は福井市の男性 4月23日発表、新型コロナ新たな感染者なし

  3. BCL11A抑制遺伝子治療がβサラセミアや鎌状赤血球症患者に有効

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13